Twitterで見かけた新CI7コンボと、《Cerebral Imaging》の強さ

CI7とは

HBのIDである《Cerebral Imaging: Infinite Frontiers》を使用し、コンボによりコーポが7点の計画ポイントを1ターン内に得点、一気に勝利することを目指すデッキをCI7と呼びます。

Cerebral Imagingの強さ

《Cerebral Imaging》の能力は、"Your maximum hand size is equal to the number of credits in your credit pool."(拙訳:君の手札上限は、君のクレジットプールにあるクレジットの額に等しい。)というもの。コーポはクレジットを溜め込むことで、HQに数十枚ものカードを抱えることができ、それにより通常のIDでは達成不可能なコンボを可能にします。

かつてのCI7では、コンボの軸として、《Accelerated Diagnostics》と《Power Shutdown》、そして《ジャクソン・ハワード/Jackson Howard》が多く用いられました。おおざっぱに説明すると、このコンボは3枚の任務を一度にサーチし、それらを1クリックですべて解決してしまうのです。

しかし、《Power Shutdown》がエラッタされ、《ジャクソン・ハワード/Jackson Howard》も「スタン落ち」したことにより、CI7もなりを潜めた印象があります。

それでも、2017年ワールド・トーナメントを制したチャンプのコーポデッキは《Cerebral Imaging》を採用していました。そればかりか、「今年はCIが優勝するだろう」との下馬評が支配的でした。実用的なワンターンキルができなくなっても、CIそのものは、「いいかげん、禁止されるんじゃねーの?」と囁かれる程度には強力なIDとしての地位をキープしています。

《Cerebral Imaging》にとって追い風となったのが、まず「カードを引きながらクレジットも増やす」という強力な任務、《Violet Level Clearance》《Ultraviolet Clearance》が立て続けにカードプールに追加されたこと。次に、メタとなる派閥であるクリミナルが「スタン落ち」により大きく弱体化したことが考えられます。

CI7に話を戻すと

最新の拡張、『統治者の景色/Sovereign Sight』が発売され、ファストアドバンスを助けるカード、《Calibration Testing》がカードプールに追加されました。既に「スタン落ち」した《サンサンシティ・グリッド/SanSan City Grid》をコンパクトにしたような効果の強化カードです。これを利用し、《Cerebral Imaging》は、新たなCI7コンボを得たようです。

Twitterで見かけたコンボを備忘録的に書き留めておきます。実用性があるのかどうかは不明なのですが、この期に及んで実用性があるCI7が流行した場合、本当に《Cerebral Imaging》の禁止もありうるのでは…。

参考

Califairna CI · NetrunnerDB

必要なもの

f:id:fobby:20171229231445j:plainf:id:fobby:20171229231445j:plainf:id:fobby:20171229231445j:plain, 25f:id:fobby:20171229231623j:plain

計画書

1x《Efficiency Committee》[*1]
1x《ウィトルウィウス計画/Project Vitruvius》 [*2]
1x《世界食料構想/Global Food Initiative》 [*3]

資財

1x《Jeeves Model Bioroids》[*4]
1x《Team Sponsorship》[*5]
1x《Director Haas》[*6]

強化

2x《Calibration Testing》 [*7]

任務

1x《人造労働者/Biotic Labor》[[*8]
2x《ミラーモーフからの出荷/Shipment from MirrorMorph》[*9]
3x《カグヤからの出荷/Shipment from Kaguya》[*10]
1x《修復/Restore》[*11]

合計16枚

具体的な手順

残り3f:id:fobby:20171229231445j:plain

《ミラーモーフからの出荷/Shipment from MirrorMorph》(-1f:id:fobby:20171229231623j:plain)をプレイし、《Efficiency Committee》と《Calibration Testing》を同一の遠隔サーバー内に、さらに《Jeeves Model Bioroids》を、HQからそれぞれインストールする。

《Jeeves Model Bioroids》(-2f:id:fobby:20171229231623j:plain)をレゾする。

残り2f:id:fobby:20171229231445j:plain

《人造労働者/Biotic Labor》をプレイする(-4f:id:fobby:20171229231623j:plain)。

残り3f:id:fobby:20171229231445j:plain

インストール済みの《Efficiency Committee》を3回アドバンスする(-3f:id:fobby:20171229231623j:plain)。《Jeeves Model Bioroids》が発動する。

残り1f:id:fobby:20171229231445j:plain

《ミラーモーフからの出荷/Shipment from MirrorMorph》(-1f:id:fobby:20171229231623j:plain)をプレイし、《ウィトルウィウス計画/Project Vitruvius》と《世界食料構想/Global Food Initiative》、《Team Sponsorship》の3枚をそれぞれインストールする。

《Team Sponsorship》(-1f:id:fobby:20171229231623j:plain)をレゾする。

残り0f:id:fobby:20171229231445j:plain

《Efficiency Committee》の上に《Calibration Testing》で4つ目のアドバンストークンを搭載し(-3f:id:fobby:20171229231623j:plain)、それを得点する。《Team Sponsorship》が発動し、HQもしくはアーカイブの《Director Haas》をインストールしてレゾする(-3f:id:fobby:20171229231623j:plain)。

残り1f:id:fobby:20171229231445j:plain

《Efficiency Committee》の上からすべての計画カウンターを消費し、合計3f:id:fobby:20171229231445j:plainを得る。このターンの残りの間、コーポはアドバンスできなくなる。

残り4f:id:fobby:20171229231445j:plain

《カグヤからの出荷/Shipment from Kaguya》を3枚プレイし(-0f:id:fobby:20171229231623j:plain)、《ウィトルウィウス計画/Project Vitruvius》と《世界食料構想/Global Food Initiative》の上にそれぞれ3個ずつアドバンストークンを置く。

残り1f:id:fobby:20171229231445j:plain

《修復/Restore》(-1f:id:fobby:20171229231623j:plain)で《Calibration Testing》を《世界食料構想/Global Food Initiative》と同一の遠隔サーバー内にインストールしてレゾする。

残り0f:id:fobby:20171229231445j:plain

ウィトルウィウス計画/Project Vitruvius》を得点する。《Team Sponsorship》が発動し、2つ目の《Calibration Testing》を《世界食料構想/Global Food Initiative》と同一の遠隔サーバー内にインストールする。2つの《Calibration Testing》を続けて発動させ(-6f:id:fobby:20171229231623j:plain)、《世界食料構想/Global Food Initiative》を得点し、7点目を得る。

何となくの感想

いくらCIと言っても、コンボに必要なパーツがかなり多いように感じます。これならCIの即時禁止はないかな…?

*1:4/2。得点時、3つの計画カウンターをこれに載せる。計画カウンター1つと1クリックを消費することでコーポは2クリックを得るが、代償としてこのターンの残りの間、コーポはアドバンスができない

*2:3/2。オーバー・アドバンスによりアーカイブのカードをHQに戻す能力を得るが、今回は能力は使用しない

*3:5/3。ランナーの得点エリアにある間は2点。他に採用したい制限カードがあれば、任意の5/3と入れ替え可

*4:各ターン、コーポが最初に3クリックを同じアクションに使った時、そのコーポは追加の1クリックを得る

*5:計画書を得点するたび、HQかアーカイブのカード1枚をインストールしてよい

*6:コーポは自分のターンに消費可能なクリックが1増える。ただしインストール状態ないしレゾ状態のこのカードがトラッシュされたら、このカードは2点の計画書にコンバージョンしてランナーの得点エリアに移動する

*7:このカードをトラッシュすることで、同じサーバー内のカードにアドバンストークンを1つ載せることができる

*8:2クリック得る

*9:最高3枚までのカードをHQからインストールする

*10:アドバンス可能なカード2枚までに1つずつアドバンストークンを載せる。《Efficiency Committee》による「アドバンスできない」の制限は適用されない

*11:アーカイブのカード1枚をインストールしてレゾする