Remove and Discard

Android: Netrunner fan site

ネットランナー第2版: ルール解説-コーポのカード

リンク集

質問箱

Fobbyの質問箱です | Peing -質問箱-
アンドロイド:ネットランナーのルールについてご相談なさりたいことがあればお気軽にどうぞ。また、このブログのエラーなどお気づきの際はお教えいただけるとたいへん助かります。

公式リファレンスガイド

ArclightGames

基本

コロンの左側にクリック・アイコンが書かれている消費型能力全般

他のアクションの解決中に使用できません。

  • f:id:fobby:20171229231445j:plain:効果」と書かれている能力は、アクションフェイズ中、そのプレイヤーがクリックを消費してどのアクションを実行するか選択している最中のみ使用できます。
    • 要するに他のアクションを解決中にf:id:fobby:20171229231445j:plainを消費することはできません。
  • f:id:fobby:20171229231445j:plainの他にもコストが要求される場合も、同様に、他のアクションを解決している最中に使用できません。

アイス全般

  • f:id:fobby:20171230005511p:plainプログラムを1つトラッシュする。」というサブルーチンは、常に、「インストール状態のプログラムを1つ、コーポが選択してトラッシュする。」ということを意味します。
    • その指示を実行するプレイヤーが誰であるかが省略されている場合、常にそのカードの持ち主が指示を実行します。
    • 場に1つもプログラムがないのであれば、このサブルーチンを解決しても何も起こりません。
  • バイオロイドのアイスの多くは、ランナーがf:id:fobby:20171229231445j:plainを消費することでサブルーチンのブレイクが可能です。ラン中に使用可能でf:id:fobby:20171229231445j:plainをコストとする能力は、「f:id:fobby:20171229231445j:plainを消費することで~してよい」と記述されます。
    • f:id:fobby:20171229231445j:plain:効果」のように、コロンの左側にf:id:fobby:20171229231445j:plainが書かれているカードの能力をラン中に使用することはできません。

計画書全般

  • 能力はコーポの得点エリアにあるあいだのみアクティブで、コーポだけがその能力を使用できます(なお、そのあいだ計画書はレゾもインストールもされていません)。ランナーの得点エリアにあるあいだ、特記ない限りカードテキストは非アクティブで能力を持ちません。
    • 例:ランナーがタグされているとしても、コーポはランナーの得点エリアにある《私設保安部隊/Private Security Force》を使ってランナーにミートダメージを与えることができない。また、ランナーも自分の得点エリアにある《私設保安部隊/Private Security Force》を使ってミートダメージを受けることはできない。

ハース=バイオロイド(HB)

《アレス計画/Project Ares》

  • 要するに、この計画書を得点した時に5個以上のアドバンストークンが載っていた場合に、余剰のアドバンストークン1つにつき1つのトラッシュが発生します。
  • 指示されているとおり、何をトラッシュするかはランナーが選択して決定します。

《攻撃的秘書官/Aggressive Secretary》

アイスのサブルーチン同様、コーポのカードテキストにある「プログラムを1つトラッシュする。」とは、常に、「インストール状態のプログラム1つを、コーポが選択してトラッシュする」ことを意味します。また、「ランナーがこのカードにアクセスした時」の能力は、例外的に、そのカードがレゾされていなくても発動します。

  • アクセス時、《攻撃的秘書官/Aggressive Secretary》にアドバンストークンが2つ載っていた場合、コーポがコストを払うことで「2つのプログラムを同時にトラッシュする効果」が発動します。
    • 「1つのXにつき、1つのY」の能力は、常に、Xの合計数であるYがまとまりとなって同時に発動します。
  • アクセス発生時、これがレゾされている必要はありません。「ランナーがこのカードにアクセスした時」の能力は、レゾされていなくても発動可能です。
    • なお、非レゾ状態の《攻撃的秘書官/Aggressive Secretary》がアクセスされ能力を発動したあとも、《攻撃的秘書官/Aggressive Secretary》は非レゾ状態を維持します。

ハドソン1.0/Hudson 1.0》

  • ハドソン1.0/Hudson 1.0》のサブルーチンを解決してしまうと、そのランの残りの間、アクセスできるカードが1枚になります。
    • 例:R&Dのルートに強化が2枚インストールされている状態で、《造物主の眼/The Maker's Eye》を使ったランが成功する。通常であればランナーはR&Dの一番上から3枚とルートの2枚、計5枚のカードにアクセスを行うが、このランで《ハドソン1.0/Hudson 1.0》のサブルーチンを解決してしまっているそのランナーは、R&Dの一番上のカードかルート2枚、計3枚のうちから1枚を選び、それにしかアクセスできない。
    • アクセスフェイズは発生するため、アーカイブのカードをすべて表向きにする工程は発生します。

《保管済みメモリ/Archived Memories》

  • 選択したアーカイブのカードが裏向きであるなら、何をHQに加えたかをランナーに公開しません。
    • 表向きであるなら、選択したカードをランナーに公開してHQに加えます。

《アッシュ2X3ZB9CY/Ash 2X3ZB9CY》

  • 非公式エラッタ
    • 誤:トレース4- このランの残りの間…
    • 正:トレース4- 成功した場合、このランの残りの間…
  • アーカイブのルートにある《アッシュ2X3ZB9CY/Ash 2X3ZB9CY》とのトレースにコーポが勝った場合、「《アッシュ2X3ZB9CY/Ash 2X3ZB9CY》にしかアクセスできない」とはあるものの、アーカイブ内の裏向きのカードすべてを表向きにするアクセスフェイズの工程は発生します。
  • 《クイーンズ・ギャンビット/Queen's Gambit》で《アッシュ2X3ZB9CY/Ash 2X3ZB9CY》がアドバンスされ、ランナーがそれにアクセスできなくなったあと、彼のいるサーバーにランを行ってトレースに負けた場合、そのランナーはいかなるカードにもアクセスすることはできなくなっています。しかし依然として、アクセスフェイズは発生します。
    • そのため、そのアクセスを置換して《銀行作業/Bank Job》からクレジットを受けとることができます。
  • 2つの《アッシュ2X3ZB9CY/Ash 2X3ZB9CY》が同一のサーバー内に非レゾ状態でインストールされている場合、ユニークカードであることから、タイミング構成上、1度のランにつき1つの《アッシュ2X3ZB9CY/Ash 2X3ZB9CY》だけがアクティブになりえます。

《金庫/Strongbox》

ここでのf:id:fobby:20171229231445j:plainの消費は追加コストです。追加コストは常に支払いの拒否が可能です。また、R&Dにある計画書にアクセスして、その追加コストの支払いを拒否したのなら、ランナーは「計画書にアクセスした」とも「追加コストを払わなかった」とも伝える必要はありません(その計画書に元から公開義務がないのであれば)。

  • 非公式エラッタ
    • 誤:奪う
    • 正:盗む
  • 要するに、ランナーの4クリック目でのランや、クリックに余裕を持っていたがラン中にバイオロイドのアイスにクリックを使い切ってしまっていたなどの場合、ランナーは計画書を盗むことができなくなります。
    • 《徹夜作業/All Nighter》はランナーがクリックを増やすことのできるカードですが、コストとしてクリックを必要とする消費型能力であるため、ラン中に使用できないことは気をつけてください。
  • ランナーは追加コストとして課せられたf:id:fobby:20171229231445j:plainの消費を拒否できます(消費可能な状態であったとしても)。
    • 通常、ランナーはアクセスした計画書を盗まなければいけません。しかし、計画書を盗むための追加コストが課せられた計画書であれば、ランナーはその支払いを拒否することで、計画書を盗まないことを選択できます。
  • R&Dのルートに《金庫/Strongbox》がインストールされている時に、ランナーがR&Dの中の計画書にアクセスしたが追加コストであるf:id:fobby:20171229231445j:plainの消費を拒否したという場合、その計画書のテキストに「アクセス時、ランナーはこれを公開する」と書かれていないのであれば、そのランナーは自分が計画書にアクセスした旨や、追加コストの支払いを拒否した旨をコーポに伝える必要はありません(《うますぎる話/TGTBT》のように、アクセスしたら必ず公開しなければいけない計画書もあります)。

ジンテキ

《ジンテキ:個人改革/Jinteki: Personal Evolution》

  • グリップが空の状態でランナーが計画書を盗み、7点以上の計画ポイントをそのランナーが所有した時は、《ジンテキ:個人改革/Jinteki: Personal Evolution》のネットダメージの発生より先にランナーが勝利します。
  • 《評判/Notoriety》を得点エリアに加えることは計画書を盗むことではないため、《ジンテキ:個人改革/Jinteki: Personal Evolution》の能力が発動することはありません。
  • 《従業員のストライキ/ Employee Strike》がプレイされている状態でコーポが計画書を得点した時は、「能力の発動条件が満たされた時点において、コーポのIDカードテキストはいまだ空白であった」と見なされ、《ジンテキ:個人改革/Jinteki: Personal Evolution》は発動しません。

《ニセイMk.II/Nisei MK II》

  • ランナーのラン中にコーポが消費型能力を使用可能なタイミングでのみ、能力を発動できます。
  • 基本的には、全てのアイスを通過したランナーが攻撃対象のサーバー目前に到達し、ランの成功を宣言する直前のタイミングがベストでしょう。
    • 実際の手順としては「これで最内殻のアイスのサブルーチンを全部ブレイクしたので、通過しました」「では《ニセイMk.II/Nisei MK II》を使うのでランを終了してください」といったやりとりをかわすことになると思われます。
    • アイスがないサーバーであれば、「その裸のサーバーにランします」「では《ニセイMk.II/Nisei MK II》でランを終了させます」といった流れになると思われます。
    • それ以外のタイミングでも発動可能です。具体的にいつ発動できるかはArclightGamesのリファレンスガイドから「ランのタイミング構成」を参照してください。

《ジューンバグ計画/Project Junebug》

  • アクセス発生時、これがレゾされている必要はありません。「ランナーがこのカードにアクセスした時」の能力は、レゾされていなくても発動可能です。
    • なお、非レゾ状態の《ジューンバグ計画/Project Junebug》がアクセスされ能力を発動したあとも、《ジューンバグ計画/Project Junebug》は非レゾ状態を維持します。

《罠!/Snare!》

  • アクセス発生時、これがレゾされている必要はありません。「ランナーがこのカードにアクセスした時」の能力は、レゾされていなくても発動可能です。
    • なお、非レゾ状態の《罠!/Snare!》がアクセスされ能力を発動したあとも、《罠!/Snare!》は非レゾ状態を維持します。

《専門顧問/Braintrust》

  • 計画書の能力は特記ない限りランナーの得点エリアにある間は非アクティブです。
    • 計画カウンターの載っている《専門顧問/Braintrust》が《ターンテーブル/Turntable》でランナーの得点エリアに移動した場合、それ以降アイスのレゾコストを下げる効果は適用されなくなります。

《ワールプール/Whirlpool

  • f:id:fobby:20171230005511p:plainランの終了。」の解決、あるいは《トールブース/TollBooth》や《データレイブン/Data Raven》のエンカウント時効果、そして《ニセイ Mk.II/Nisei MK II》によってランを終了することは、すべてジャックアウトではありません。

《セレブの贈り物/Celebrity Gift》

  • 各プレイヤーの手札や非レゾ状態のカードなど、秘匿領域を対戦相手に意図的に公開し、相手の判断をコントロールする行為は、アンドロイド:ネットランナーのブラフゲーとしての哲学を損なうとして禁じられており、大会では警告の対象となります。そのため、HQを公開したいのであれば《セレブの贈り物/Celebrity Gift》を使うようにと公式に推奨されています。

《ホクサイ・グリッド/Hokusai Grid》

  • 領域のサブタイプを持つ強化は、1つのサーバー内に1つまでしかインストールできません。
    • ユニークカードとの違いにご注意。コーポのユニークカードは場に複数インストールすることが可能です。ただし、ユニークカードもレゾしておけるのは1つまで。2つ目をレゾすると、古い方が、妨害できないトラッシュを即座に受けます。

NBN

《NBN:ニュースを生み出す/NBN: Making News》

  • 《従業員のストライキ/ Employee Strike》がプレイされている場合、以下の適用を受けます。
    • この上の再生クレジットは、いかなる目的にも使用できなくなる。
    • コーポのターン開始時であっても、クレジットは再生しなくなる。
    • 《従業員のストライキ/ Employee Strike》がトラッシュされたターン、その上にクレジットが残っていれば、ふたたびトレース中に使用可能となるが、クレジットの量が2f:id:fobby:20171229231623j:plain未満であった場合、コーポのターン開始時まで再生しない。

《ビール計画/Project Beale》

ランナーの得点エリアにある時は、常に2点の計画書でしかありません。

  • アドバンストークン5個で3点の価値を持ちます。
    • 7個で4点。
    • 9個で5点。
    • 11個で6点。
    • 13個で7点。
  • 載っているアドバンストークンが3以上で奇数であるX個のとき、Xを2で割ってコンマ以下を切り上げることで得点時に得られる計画ポイントが求められます。
  • 記載がない限り、コーポの計画書の能力はコーポの得点エリアにある場合のみ有効であり、《ビール計画/Project Beale》もまたランナーの得点エリアにある間は2点の計画書にしかなりえません。
    • アドバンストークンが5個載っている《ビール計画/Project Beale》を盗んでも、その「コーポが得点した時」の発動条件が満たされません。そうした場合は、ランナーの得点エリアには何も載っていない《ビール計画/Project Beale》が2点の計画書として扱われているという結果になります。
    • コーポの得点エリアで計画カウンターを1つ乗せて3点の価値を持っている《ビール計画/Project Beale》を、《ターンテーブル/Turntable》で交換してランナーの得点エリアに移動した場合、ランナーの得点エリアにある間その《ビール計画/Project Beale》は2点です。

《幽霊支社/Ghost Branch》

  • アドバンストークンが2個載っているこれにアクセスしたランナーにタグを与える場合、1個だけタグを与えるということはできません。
    • 「1つのXにつき、1つのY」の能力は、常に、Xの合計数であるYがまとまりとなって同時に発動します。
  • アクセス発生時、これがレゾされている必要はありません。「ランナーがこのカードにアクセスした時」の能力は、レゾされていなくても発動可能です。
  • なお、非レゾ状態の《幽霊支社/Ghost Branch》がアクセスされ能力を発動したあとも、《幽霊支社/Ghost Branch》は非レゾ状態を維持します。

《データレイブン/Data Raven

これにエンカウントしたランナーは、まずタグを1つ受けるか、それともランを終了するか、どちらかを選ばなければいけません。また、ランナーが基本セットのカード(第2版を含む)でこれを迂回した場合、そのランナーはいずれかを選択する義務から逃れます。

迂回について詳しく知りたい方はリファレンスガイドか、ここを参照してください。

  • エンカウント時、ランナーは必ず「タグを1つ受ける」か「ランを終了する」のどちらかを選ばなければいけません。
    • 日本語環境では起こりえませんが、「タグを1つ受ける」ことを選んだランナーが、そのタグをカードの効果によって回避することは認められます。
    • この時ランナーが自発的に「ランを終了する」ことは、ジャックアウトとは見なされません。「ランの終了」は「ジャックアウトできない」の効果の影響を受けません。
  • ランナーが《データレイブン/Data Raven》を、《ファム・ファタル/Femme Fetal》か《内部犯行/Inside Job》で迂回した場合、どちらか選ばせる能力は発動しないままエンカウントは終了します。
    • 通常起こり得ないコーポのターンのランであればそうでない可能性がありますが、ここでは省略します。日本語環境では発生しません。

《ポップアップ・ウィンドウ/Pop-up Window》

ランナーが基本セットのカード(第2版を含む)でこれを迂回した場合、コーポが1f:id:fobby:20171229231623j:plainを得る能力は発動しないまま、エンカウントは終了します。

迂回について詳しく知りたい方はリファレンスガイドか、ここを参照してください。

  • ランナーが《ポップアップ・ウィンドウ/Pop-up Window》を、《ファム・ファタル/Femme Fetal》か《内部犯行/Inside Job》で迂回した場合、コーポがクレジットを得る能力は発動しないまま、エンカウントは終了します。
    • 通常起こり得ないコーポのターンのランであればそうでない可能性がありますが、ここでは省略します。日本語環境では発生しません。

《トールブース/TollBooth》

ランナーがこれにエンカウントした時、そのランナーはきっかり3f:id:fobby:20171229231623j:plainをバンクに払わなければなりません。もし3f:id:fobby:20171229231623j:plainを捻出できないのであれば、そのランナーは1f:id:fobby:20171229231623j:plainも払うことなく、ランが終了します。また、ランナーが基本セットのカード(第2版を含む)でこれを迂回した場合、そのランナーは3f:id:fobby:20171229231623j:plain払うかランを終了する義務から逃れます。

迂回について詳しく知りたい方はリファレンスガイドか、ここを参照してください。

  • 《トールブース/TollBooth》にエンカウントしたランナーは、可能なら3f:id:fobby:20171229231623j:plainを払うと書かれています。ランナーのクレジットプールに3f:id:fobby:20171229231623j:plain以上あれば、必ず3f:id:fobby:20171229231623j:plainを払ってください。
    • ちなみに、クレジットを払うのはバンクへです。コーポへではありません。
  • 日本語版環境では、クレジットプールに3f:id:fobby:20171229231623j:plain以上所有しているランナーだけが支払いの対象となりますが、プールにクレジットがなくても《Ghost Runner》や《Net Mercur》のようにラン中に使用可能なクレジットが載っているカードをインストールしていて、そこから3f:id:fobby:20171229231623j:plainを払えるのであれば、払わなければいけません。
  • ランナーが1f:id:fobby:20171229231623j:plainか2f:id:fobby:20171229231623j:plainしか支払えない場合は、そのランナーはクレジットを払う必要はありません。これは「可能なら」の能力です。満額払えない場合、ただランを終了させます。
    • 「可能なら」と書かれている場合、「その条件を完全に満たすことができる場合のみ実行し、満たすことができないのなら、何もしない」ということを意味します。
  • ランナーが《トールブース/TollBooth》を、《ファム・ファタル/Femme Fetal》か《内部犯行/Inside Job》で迂回した場合、3f:id:fobby:20171229231623j:plainを支払わせるかランを終了させる能力は発動しないまま、エンカウントは終了します。
    • 通常起こり得ないコーポのターンのランであればそうでない可能性がありますが、ここでは省略します。日本語環境では発生しません。

《ラップアラウンド/Wraparound》

  • フラクターとは、アイスブレイカーが持つサブタイプのことです。フラクターは、まさに《ラップアラウンド/Wraparound》のようなバリアのサブルーチンをブレイクします。

《閉鎖口座/Closed Account》

  • カードの上のクレジット(《アーミテージ式コード破壊/Armitage Codebusting》《サイバーフィーダー/Cyberfeeder》など)はクレジットプールになく、失われません。

《燻製ニシン/Red Herrings》

ここでの5f:id:fobby:20171229231623j:plainの支払いは追加コストです。追加コストは常に支払いの拒否が可能です。また、R&Dにある計画書にアクセスして、その追加コストの支払いを拒否したのなら、ランナーは「計画書にアクセスした」とも「追加コストを払わなかった」とも伝える必要はありません(その計画書に元から公開義務がないのであれば)。

  • ランナーは追加コストとして課せられた5f:id:fobby:20171229231623j:plainの支払いを拒否できます(支払い可能な状態であったとしても)。
    • 通常、ランナーはアクセスした計画書を盗まなければいけません。しかし、追加コストの課せられた計画書であれば、ランナーはその支払いを拒否することで、計画書を盗まないことを選択できます。
  • 5f:id:fobby:20171229231623j:plainきっかり払うことができないからと、1~4f:id:fobby:20171229231623j:plainを払うことはできません。
  • R&Dのルートに《燻製ニシン/Red Herrings》がインストールされている時に、ランナーがR&Dの中の計画書にアクセスしたが、追加コストである5f:id:fobby:20171229231623j:plainの支払いは拒否したというような場合、その計画書のテキストに「アクセス時、ランナーはこれを公開する」と書かれていないのであれば、そのランナーは自分が計画書にアクセスした旨や、追加コストの支払いを拒否した旨をコーポに伝える必要はありません(《うますぎる話/TGTBT》のように、アクセスしたら公開しなければいけない計画書もあります)。

ウェイランド・コンソーシアム

《洗浄屋/The Cleaners》

  • コーポの与えた1点以上のミートダメージが妨害されなかった時、追加で1点のミートダメージを与えます。
  • 妨害不可のミートダメージを与えたのであれば、追加の1ミートダメージも妨害不可となります。
  • 《ネット接続眼球/Net-Ready Eyes》のように、ランナーがミートダメージを「受ける」と書かれている効果を受けた時は、《洗浄屋/The Cleaners》は追加のミートダメージを与えられません。「受ける」と「与える」の違いに注意してください。《洗浄屋/The Cleaners》は「与える」が発生した時にしか発動しません。

《アーチャー/Archer》

「計画書を放棄する」とは、「コーポの得点エリアにある計画書1つをゲームから取り除く」ことです。

  • レゾするための追加コストとして、コーポは自分の得点エリアにある任意の計画書カードを1つ放棄する必要があります。点数は何点であってもかまいません。放棄された計画書はゲームから取り除かれます。
    • 得点した計画書をゲームから取り除くため、当然ながらコーポは計画ポイントを失うことになります(放棄されたのが0点の計画書であった場合を除き)。
    • HQにある未得点の計画書をアーカイブに送るわけではありません。
  • 《アーチャー/Archer》をレゾするための追加コストとして《偽の手がかり/False Lead》を放棄した場合、ランナーにf:id:fobby:20171229231445j:plainf:id:fobby:20171229231445j:plain失わせる効果は発生しません。

《ハドリアンズ・ウォール/Hadrian's Wall》《アイス・ウォール/Ice Wall》《シャドー/Shadow》

  • これらのアイスはアドバンストークンを搭載するごとにより強固になります。
    • 裏向きのカードが持つカードテキストは非アクティブで通常であれば意味を持ちませんが、「このカードはアドバンスできる」という記述だけは例外でアクティブです。そう書かれているカードは裏向きでもアドバンスされたり、アドバンストークンを置かれることができます。
    • もちろん、これらのアイスはレゾされて表向きになって以降もアドバンス可能です。

《懲罰的反撃/Punitive Counterstrike

エラッタがあります。参照する「計画ポイント」は「表記計画ポイント」になりました。詳しくはここ

  • 計画書を直前のターンに盗まれていない場合、コーポがこれをプレイしてトレースが成功した場合にいかなるダメージもランナーに与えることはなく、《洗浄屋/The Cleaners》の追加のミートダメージも発生しません。
  • 盗まれた計画書が放棄されゲームから取り除かれたり、《ターンテーブル/Turntable》で移動した場合も、《懲罰的反撃/Punitive Counterstrike》は盗まれた時点での計画書の表記計画ポイントを記憶してダメージを与えることができます。
  • ランナーが直前のターンに《評判/Notoriety》を自分の得点エリアに加えていたとしても、それは盗まれた計画書ではないため、《懲罰的反撃/Punitive Counterstrike》が1点のミートダメージを与えることはできません。

《カグヤからの出荷/Shipment from Kaguya

アドバンストークンはバンクから置かれます。

  • 効果として「アドバンストークンを置く」と書かれていた場合、それは常に、コーポが1f:id:fobby:20171229231445j:plainと1f:id:fobby:20171229231623j:plainを消費して行う「アドバンス・アクション/アドバンスする」とは区別されます。
  • 効果によって置かれるアドバンストークンはバンクのものを使用します。コーポがクレジットを追加で支払う必要はありません。
    • 1f:id:fobby:20171229231445j:plainと1f:id:fobby:20171229231623j:plainを消費して行う「アドバンス」も、ゲーム上の処理としてはコーポは1f:id:fobby:20171229231623j:plainを一度消費することで、バンクからアドバンストークンを1つ得ているという考え方のようです。
  • アドバンストークンを置くことで、「アドバンスするたび」の発動条件を満たすことはできません(《自発的透明性/Transparency Initiative》など)。

中立

《偽の手がかり/False Lead》

「計画書を放棄する」とは、「コーポの得点エリアにある計画書1つをゲームから取り除く」ということです。また、ランナーがf:id:fobby:20171229231445j:plainf:id:fobby:20171229231445j:plain以上所有していない場合、コーポはこれを放棄して能力を発動することができません。

  • 能力を発動させるために、コーポは自分の得点エリアから《偽の手がかり/False Lead》を放棄する必要があります。放棄された計画書はゲームから取り除かれます。
      • 得点した計画書をゲームから取り除くため、当然ながらコーポは計画ポイントを失うことになります。
  • 「可能なら」と書かれているため、ランナーが1f:id:fobby:20171229231445j:plainだけ失うということはありえません。そのため、コーポのターンである場合や、ランナーが3つめのクリックを消費済みの場合、この能力を発動させても何も起こりません。
    • 「可能なら」と書かれている能力は、「その条件を完全に満たすことができる場合のみ実行し、満たすことができないのなら、何もしない」ということを意味します。
  • 何も起こらないのに能力を使用してはいけない(意訳)というルールがあるため、ランナーがf:id:fobby:20171229231445j:plainf:id:fobby:20171229231445j:plain以上所有していない場合は、コーポは《偽の手がかり/False Lead》の能力を発動することができません。
  • 《アーチャー/Archer》をレゾするための追加コストとして《偽の手がかり/False Lead》を放棄した場合、ランナーにf:id:fobby:20171229231445j:plainf:id:fobby:20171229231445j:plain失わせる効果は発生しません。

エニグマ/Enigma

  • 最初のサブルーチンを解決したランナーは、可能であるならf:id:fobby:20171229231445j:plainを失いますが、そのランナーが未消費のクリックを所有していない場合は、何も失わず、何も起こりません。
    • 「可能なら」と書かれている能力は、「その条件を完全に満たすことができる場合のみ実行し、満たすことができないのなら、何もしない」ということを意味します。
  • 何も起こらないなら能力を使用できないというルールがあるという話をしたばかりですが、アイスをレゾしたりサブルーチンを解決することは、能力を使用したこととは見なされません。