『アンドロイド:ネットランナー』拡張: ナルバーレの囁き / Whispers in Nalubaale - 非公式FAQ/UFAQ - 拙訳

はじめに

キタラ・サイクル第5の拡張の裁定が出ました。《フリーダム・クマーロ/Freedom Khumalo》《Jackpot!》ジャックポット!《Gebrselassie》ゲブレセラシェのように露骨に裁定待ちのカードもあったり、《Mwanza City Grid》のようにFFGの宣伝ページでうたわれていたことと効果が違うカードもあり、裁定を待ちわびていました。このゲームは裁定を読まないと遊べないと改めて思わされました。

今回の裁定から特に重要なところだけ先に要約してしまうと

《フリーダム・クマーロ/Freedom Khumalo》
  • 計画書はトラッシュできない。
  • レゾコストが負の値になっているコーポのカードも、0個のウィルスカウンターを取り除くことでトラッシュできる
    • 場にウィルスカウンターあるいはそもそもインストール状態のランナーのカードが存在しなくとも、ランナーは0個のウィルスカウンターを取り除くことができる。
《Gebrselassie》ゲブレセラシェ
  • 普通のアイスブレイカーの「1f:id:fobby:20180504113642j:plain:強度+1。」あるいは「各エンカウントの終了と共に基本強度に戻る。」と明示されている能力にだけ置換効果として「ターン終了と共に基本強度に戻る」が作用する。
  • 常時的な強度の上昇や、「1f:id:fobby:20180504113642j:plain:このランの残りの間、強度+1。」のような能力には無効。
  • 別のアイスブレイカーの上に移動させた場合、元のホストはただちに基本強度に戻る。
《Jackpot!》ジャックポット
  • 計画書に変換された、もともと計画書でないカードを得点エリアに加えることでも発動できる。
《Mwanza City Grid》ムワンザシティ・グリッド
  • この強化自体を含め、強化にアクセスしてもコーポは2f:id:fobby:20180504113642j:plain得る(なので、通常のランならコーポは10f:id:fobby:20180504113642j:plain得る)。
《Remote Enforcement》遠隔執行
  • アイスをレゾするための追加コストを無視しない。そして "you may do A and do B" の効果なので、追加コストを拒否することでレゾしないことを選択したとしても、残りの効果をすべて解決できる。
《Compile》コンパイル
  • 「山札を探した場合、それをシャッフルする。」 を今後は省略していくかもしれない(山札をサーチしたら、記述がなくても残りの効果解決前にただちにシャッフルする)。

こんな感じでしょうか。

元記事

ancur.wikia.com

ナルバーレの囁き:ルーリング

《フリーダム・クマーロ:クリプト・アナーキスト/Freedom Khumalo: Crypto-Anarchist》

f:id:fobby:20180508193645p:plain:right

ID:サイボーグ • リンク:0 • 山札下限:45 • 影響上限:15 • アナーク

1ターンに1度、君の任意の数のインストール状態のカードの上からX個のウィルスカウンターを取り除くことで、アクセスしているカードをトラッシュしてよい(通常トラッシュできないものでも)。Xはそのカードのレゾコストかプレイコストである。

《フリーダム・クマーロ/Freedom Khumalo》はアクセス中の計画書をトラッシュできますか?

いいえ。計画書はレゾコストもしくはプレイコストを持ちません。

ウィルスカウンターがまったくない、あるいはインストール状態のカードがまったくない場合、ランナーはレゾコストもしくはプレイコストが0のカードを、《フリーダム・クマーロ/Freedom Khumalo》でトラッシュすることはできますか?

はい。

Twitter裁定からの追記:ランナーが《ブレイカーベイ・グリッド/Breaker Bay Grid》によってレゾコストが負の値になっているカードにアクセスしている場合、《フリーダム・クマーロ/Freedom Khumalo》はそれをトラッシュできますか?

はい。コストが負の値であるカードを《フリーダム・クマーロ/Freedom Khumalo》でトラッシュする場合、ランナーはウィルスカウンターを0個取り除きます。《フリーダム・クマーロ/Freedom Khumalo》は「Xすることで、Yしてよい/do X to do Y」との書き方から、実際にはコストを支払うことで発動する能力です。


《Contaminate》汚し

f:id:fobby:20180508193755p:plain:right:right

イベント • コスト:1 • アナーク:1

ウィルスカウンターを搭載していないインストール状態のランナーのカード1枚の上に、ウィルスカウンターを3つ置く。

ランナーのインストール状態のカードがウィルスのプログラムしかなく、さらに《Hivemind》の上にウィルスカウンターが載っている場合に、ランナーは《Contaminate》をプレイできますか?

いいえ。

《Slipstream》スリップストリーム

f:id:fobby:20180508194035p:plain:right

リソース:仮想・コスト:0 • クリミナル:2

レゾ状態のアイスを通過するたび、《Slipstream》をトラッシュしてよい。そうした場合、通過したアイスと同じ位置にある、中央サーバーを守っているアイスを1つ選ぶ。君はそのアイスにアプローチする。

エンカウント中にアイスがアンインストールされた場合、《Slipstream》は機能しますか?

いいえ。エンカウント中のアイスがデレゾかアンインストールされると、そのアイスはただちに通過されますが、それはもはやレゾ状態のアイスではないので、《Slipstream》の発動条件は満たされません。

《Slipstream》はアイスの位置をどのように決めますか?

アイスの位置は常に最内殻から最外殻に向けてカウントされます。

では、3つのアイスがある遠隔サーバーの最外殻をランナーが通過した場合、そのランナーは単独でHQを守っているアイスへアプローチできないのですか?

その通りです。その場合、最低3つのアイスが中央サーバーを守っていないと、ランナーは《Slipstream》を使用できません。

《カクゴ/Kakugo》を通過したあと《Slipstream》を使用したランナーは、依然としてネットダメージを受けますか?

いいえ。《カクゴ/Kakugo》の能力は発動に失敗します(それがコーポのターンに行われたラン中のできごとでない限り)。一度《Slipstream》が解決しランナーの位置を変えると、そのランナーはもはや《カクゴ/Kakugo》を通過していません。

《Laamb》ラーンブ

f:id:fobby:20180508195256p:plain:right

プログラム:アイスブレイカー-フラクター • コスト:4 • 強度:2 • MU:2 • シェイパー:2

アイスとエンカウントした時、2f:id:fobby:20171229231623j:plainを払うことで、エンカウント終了までそれにバリアを得させてよい。この能力は1ターンに1度だけ使える。
2f:id:fobby:20171229231623j:plainバリアのサブルーチンを任意の数だけブレイクする。
3f:id:fobby:20171229231623j:plain:強度+6。

《Laamb》がエンカウント中のアイスにバリアを与えるためには、《Laamb》の強度がそのアイスと一致していなければいけませんか?

いいえ。ちょうど《ファム・ファタル/Femme Fatale》のアイス迂回と同様、《Laamb》の「エンカウント時」の能力はアイスの強度にかかわらず使用可能です。

《Laamb》でアイスにバリアを付与したあと、ランナーは《ペーパークリップ/Paperclip》をヒープからインストールできますか?

いいえ。そのアイスは、《ペーパークリップ/Paperclip》の能力の発動条件が満たされかける時点でバリアではありません。

《Gebrselassie》ゲブレセラシェ

f:id:fobby:20180508195629p:plain:right

ハードウェア:改良 • コスト:1 • シェイパー:4

f:id:fobby:20171229231445j:plain: インストール済みのAIでないアイスブレイカの上に《Gebrselassie》を搭載する。
ホストのアイスブレイカは各エンカウントでなく、各ターンの終了に際しその基本強度に戻る。

《Gebrselassie》は、正しくはホストのアイスブレイカーにどのように作用しますか?

《Gebrselassie》はエンカウント終了と共にアイスブレイカーが基本強度へとリセットされるという出来事を、ターン終了と共にリセットされることへと置換します。これは、基本ルールの適用される持続時間が指定されていない強度上昇や、エンカウント終了までと明示されている強度上昇(《Takobi》のような)を含みます。
常時的な強度修整の能力(《ナノテク/Na'Not'K》のような)や、通常とは異なる持続時間を指定するホストのアイスブレイカーの強度修整能力に対しては、《Gebrselassie》はいかなる効果も持ちません。

では《Gebrselassie》と《Dean Lister》のようなカードはどのように作用しますか?

《Gebrselassie》は《Dean Lister》との相互作用を持ちません。ランナーが《Gebrselassie》を搭載しているアイスブレイカーを《Dean Lister》の効果対象に選択した場合、《Dean Lister》の効果はランの終了まで維持され(必要に応じて再計算はされます)、そして他のあらゆる通常の強度上昇は《Gebrselassie》の効果が適用されます。
例:《Gebrselassie》は《ペーパークリップ/Paperclip》に搭載され、ランナーはグリップに5枚の状態でDean Listerを《ペーパークリップ/Paperclip》に使用した。ランナーは2f:id:fobby:20180504113642j:plainを《ハドリアンズ・ウォール/Hadrian's Wall》突破のために支払わなければならない。《ハドリアンズ・ウォール/Hadrian's Wall》とのエンカウント終了後、《ペーパークリップ/Paperclip》は強度8を残す。この内訳は、基本強度の1+《Dean Lister》の強度5(ランの終了まで)+自身の能力による強度2(エンカウント終了までではなく、代わりにターン終了までと修整ずみ)、である。ランの終了後、《ペーパークリップ/Paperclip》は強度3に戻る。この内訳は、基本強度の1+自身の能力による強度2、であり、《Dean Lister》の5は効果時間が切れて無効となる。

ランの終了後、《Gebrselassie》が他のアイスブレイカーの上に移動したら、そのホストであったアイスブレイカーの強度はどうなりますか?

以前のホストはただちに基本強度へと戻ります。

《Compile》コンパイル

f:id:fobby:20180508200528p:plain:right

イベント:ラン • コスト:2 • シェイパー:3

ランを行う。このラン中に最初にアイスにエンカウントした時、スタックかヒープからプログラムを1つ探し、全てのコストを無視してインストールする。ランの終了時、そのプログラムがまだインストールされている場合、それをスタックの一番下に加える。

《Compile》によってカードをサーチした(探した)あと、ランナーはスタックをシャッフルしなければいけませんか?

山札のカードを探すルールによれば、サーチが実行されたのち、残りの効果が開始される直前に、その山札はシャッフルされなければいけません。

《Logic Bomb》論理爆弾

f:id:fobby:20180508201029p:plain:right

リソース:仮想 • コスト:0 • Adam: 5

f:id:fobby:20180125163616p:plain:現在エンカウント中のアイスを迂回する。残りのクリックを全て失う。

ランナーは残りのf:id:fobby:20180504113645j:plainを所有していない場合に《Logic Bomb》を使用できますか?

はい。残りのf:id:fobby:20180504113645j:plainを失うことは効果の一部であり、コストの一部ではありません。

《Jackpot!》ジャックポット

f:id:fobby:20180508201218p:plain:right

リソース • コスト:0 • 中立:0
君のターン開始時、《Jackpot!》の上に1f:id:fobby:20171229231623j:plainを置いてよい。
計画書が得点エリアに加えられるたび、任意の数のクレジットを《Jackpot!》から受け取ってよい。そうした場合、《Jackpot!》をトラッシュする。

《評判/Notoriety》や《Director Haas》ハース取締役のような、盗むことを介さずにランナーの得点エリアに加えられるようなカードによって、《Jackpot!》は発動しますか?

はい。

《Jackpot!》は《Exchange of Information》で発動しますか?

いいえ。

《Jackpot!》と《Another Day, Another Paycheck》がともにアクティブである場合、どちらのカードが発動条件を先に満たしますか?

《Jackpot!》と《Another Day, Another Paycheck》の発動条件は同時に満たされます。そのためランナーは両者の能力の発動順序を選ぶことができます。

《Remote Enforcement》遠隔執行

f:id:fobby:20180508201530p:plain:right

計画書:保安・アドバンス要求:4・計画ポイント:2・HB

《Remote Enforcement》を得点した時、R&Dからアイスを1つ探し、それを遠隔サーバー1つを守るようにインストールし(インストールコストは払う)、そしてそのレゾコストを無視してそれをレゾしたら、R&Dをシャッフルしてよい。
訳注:「してよい/you may」がかかっているのは「R&Dのシャッフル」ではなく、「得点時」より先のテキストすべて。

《Remote Enforcement》は、計画書の放棄なしで《アーチャー/Archer》をレゾできますか。

いいえ。《Remote Enforcement》で《アーチャー/Archer》をインストールして計画書を放棄しなかった場合、それは非レゾ状態を維持します。

《Warden Fatuma》ファツマ所長

f:id:fobby:20180508202135p:plain:right

資財:人物 • コスト:1 • トラッシュ:5 • HB: 2

レゾ状態のバイオロイドの各アイスは、他の全てのサブルーチンの前に「f:id:fobby:20171230005511p:plain可能なら、ランナーはf:id:fobby:20171229231445j:plainを失う。」を得る。

《Warden Fatuma》がレゾされているあいだ、《ロキ/Loki》が他のバイオロイドからサブルーチンをコピーした場合、《ロキ/Loki》は「f:id:fobby:20171230005511p:plain可能なら、ランナーはf:id:fobby:20171229231445j:plainを失う。」のサブルーチンをいくつ持ちますか?

《ロキ/Loki》は2つのサブルーチンを持ちます。1つは《Warden Fatuma》からのもの、もう1つは他のバイオロイドのアイスからコピーされたものです。

《Viral Weaponization》細菌の兵器化

f:id:fobby:20180508205030p:plain:right

計画書:調査-保安 • アドバンス要求:4 • 計画ポイント:2 • ジンテキ

《Viral Weponization》を得点したターンの終了時、グリップのカード1枚につき1ネットダメージを与える。

コーポ《Genetics Pavilion》をレゾしている場合にそのコーポが《Viral Weaponization》を得点したら、《まだましな事態/I've Had Worse》のトラッシュによってランナーが引くカードは2枚ですか、3枚ですか?

ランナーは3枚すべてのカードを引きます。《Viral Weaponization》はコーポのディスカードフェイズ、ステップ3.4に発動し、それはまだコーポのターンの一部です。

《Mwanza City Grid》ムワンザシティ・グリッド

f:id:fobby:20180508205214p:plain:right

強化:領域 • コスト:0 • トラッシュ:5 • ジンテキ:1

HQかR&Dのルートにのみインストールする。
ランナーがこのサーバーのカード群にアクセスするたび、そのランナーは追加で3枚のカードにアクセスする。
アクセス後、アクセスされたカード1枚につき2f:id:fobby:20171229231623j:plainを得る。
これは、ランナーがこのラン中に《Mwanza City Grid》をトラッシュしても適用される。
領域は各サーバーに1つまで。

ランナーがアクセスしたカードのいずれかをトラッシュした場合、コーポは依然としてトラッシュされたカード1枚につき2f:id:fobby:20180504113642j:plainを得られますか?

はい。トラッシュされたカードは、もはやそのサーバーに無いにも関わらず、依然としてアクセスされたものです。

《Mwanza City Grid》へのアクセスを、それの能力で追加でアクセスするカードの1枚とカウントできますか?

いいえ。強化は中央サーバーのルートにインストールされており、中央サーバーの中にはありません。

中央サーバーのカードとしてアクセスされたカード同様、R&DかHQのルートにインストールされた各強化からコーポは2f:id:fobby:20180504113642j:plainを得られますか?

はい。《Mwanza City Grid》の第1の能力がそのサーバーそのものへの追加アクセスを供給するあいだ、第2の能力はそのアクセスフェイズ中にアクセスされたカードすべて、すなわち《Mwanza City Grid》そのものや、そのサーバーのルート内の他の強化をカウントします。

《Mwanza City Grid》の能力は《NASX》の発動条件を何度満たしますか?

一度です。《Mwanza City Grid》はアクセスをカウントし、そして適切な額のクレジットすべてを一度に、アクセスフェイズの完結後にコーポに供給します。

例えば《Metamorph》などで、《Mwanza City Grid》がアーカイブのルートにインストールされることになった場合は何が起こりますか?

ランナーはもともとアーカイブのカードすべてにアクセスしますから、追加のカードにアクセスする能力は何も付与しません。しかし、ランナーがアクセスしたアーカイブとそのルートにあるカード1枚につき、コーポは2f:id:fobby:20180504113642j:plainを得ます。

では《Mwanza City Grid》が遠隔サーバーにインストールされることになった場合はどうなりますか?

アーカイブ同様、ランナーはもともと遠隔サーバーにインストールされているカードすべてにアクセスします。
追加アクセスは起こりませんが、そのサーバーのアクセスされたカード1枚につきコーポは2f:id:fobby:20180504113642j:plainを得ます。

なるほど、でもコーポが《Gagarin Deep Space: Expanding the Horizon》でプレイしていたら?

《Gagarin》は《Mwanza City Grid》の機能を変えることはありません。ランナーは1f:id:fobby:20180504113642j:plainを遠隔サーバー内のアクセスしたいカード1枚につき払う必要があります。アクセスの終了後、ランナーが支払いによってアクセスしたカード1枚につきコーポは2f:id:fobby:20180504113642j:plainを得ます。

《Standard Procedure》標準の手続き

f:id:fobby:20180508202533p:plain:right

任務 • コスト:0 • NBN: 2
ランナーが直前のターンにランを成功させた場合のみプレイする。
カードタイプを指定して、グリップを公開する。指定したカードタイプを持つグリップのカード1つにつき2f:id:fobby:20171229231623j:plainを得る。

《Standard Procedure》のために、コーポはゲーム内に存在しないカードタイプを指定できますか?

いいえ、ですがコーポのカードタイプを指定することはできます。

《Masvingo》マズビンゴ

f:id:fobby:20180508202546p:plain:right

アイス:バリア • コスト:3 • 強度:3 • ウェイランド:2
《Masvingo》はアドバンス可能。
《Masvingo》のレゾ時、その上にアドバンストークンを1つ置く。
《Masvingo》はその上のアドバンストークン1つにつき「f:id:fobby:20180504113638p:plainランの終了。」を1つ得る。

《Hernando Cortez》が課す、《Masvingo》をレゾするための追加コストはどうなりますか?

《Masvingo》の上にどれだけアドバンストークンが載っているかに関係なく、《Hernando Cortez》はいかなる追加コストも課すことはありません。《Masvingo》の能力は、レゾされるまではアクティブではありません。

終わりに


いくつか補足(文責:筆者):

《フリーダム・クマーロ:クリプト・アナーキスト/Freedom Khumalo: Crypto-Anarchist》
  • コストが負の値である場合、プレイヤーが実際に支払うコストは一律で0になるというルールがあります。そのため、コストがマイナスになっているカードにアクセスしそれを《フリーダム・クマーロ/Freedom Khumalo》でトラッシュする場合、ランナーはコストとして0個のウィルスカウンターを取り除けばよい、ということになります。
    • ただし、そのカードのコストは依然として負の値であるため、《RNGキー/RNG Key》で数字あてをする際は、0でなく、正しい数字を宣言する必要があります。
  • コストがXであるカードはプレイされる時のみ変化し、そうでない時はコスト0のカードとして扱います。ですから、コストがXであるアクセス中のカードを、《フリーダム・クマーロ/Freedom Khumalo》は0個のウィルスカウンターを取り除くことでトラッシュできます。
《Contaminate》汚し
  • 《Hivemind》とその上のウィルスカウンターが存在する場合、他のウィルスのプログラムは「《Hivemind》の上のウィルスカウンターをそのプログラムが搭載しているものと見なす」の効果から逃れられないということでしょう。
《Slipstream》スリップストリーム
  • 《カクゴ/Kakugo》について、微妙に正確ではないものと思われます。
    • 《カクゴ/Kakugo》を通過したはしたが、そのネットダメージ能力の発動のタイミング到達より先に、ランのタイミング構成が「アイスへのアプローチ」の時点へと到達していることにより、《カクゴ/Kakugo》は発動できないと考えるべきでしょう。
《Gebrselassie》ゲブレセラシェ
  • 一度リグにインストールしたあと、f:id:fobby:20180504113645j:plain能力で他のカードの上に搭載されるという珍しい形のカードです。この能力はあるアイスブレイカーに一度搭載されたあともアクティブであるため、f:id:fobby:20180504113645j:plainを消費することでいつでも別のアイスブレイカーに搭載できます。
《Logic Bomb》論理爆弾
  • エンカウント時能力を解決したあと、アイスブレイカーを使用可能になるタイミングで使用可能です。なので、例えば《トールブース/Tollbooth》に3f:id:fobby:20180504113642j:plain払う効果を無視できません。
《Compile》コンパイル
  • ヒープからカードをインストールしたのならば、スタックをシャッフルしません。
《Jackpot!》ジャックポット
  • リファレンスガイドによれば「盗むとは、ランナーがアクセスした計画書を自分の得点エリアに加える行為です。」とあるので、計画書を盗むことでも発動できます。
《Mwanza City Grid》ムワンザシティ・グリッド
  • 2番めの質問の意図が分かりにくいのですが、「追加でアクセスする3枚のカード」のうちこの強化を「追加でアクセス」とカウントして逃げることはできないという意味であると思われます。
《Standard Procedure》標準の手続き
  • なぜこのような質問が出たかというと
    • 《Panchatantra》というプログラムが「セントリーでもコードゲートでもバリアでもないサブタイプをアイスに1つ付与する」という効果を持ち、それが「これまでこのゲームに登場していないサブタイプを付与可能」というルールであったことから(エルフでもラーメンでも)、《Standard Procedure》にもそのような効果が期待されたというのがひとつ。
    • コーポは余分なクレジットを得ると損をする場合があるので、クレジットを得ずにグリップだけ確認したいという場合に使用したいという需要があるのがもうひとつ。


とにかく《Gebrselassie》ゲブレセラシェが長かった…。

次のパックでキタラ・サイクルも一段落です。日本語版は先行発売なので、最後のパックの裁定が出るのは後回しになると思われますが、現在判明している限り最後のパックのカードは分かりやすいものばかりなので、まあだいじょうぶだと思われます。

質問箱

Fobbyの質問箱です | Peing -質問箱-
アンドロイド:ネットランナーのルールについてご相談なさりたいことがあればお気軽にお願いします。また、このブログのエラーなどお気づきの際はお教えいただけるとたいへん助かります。


読み方

  • このブログは、Fantasy Flight Games社および株式会社アークライトと一切関係がありません。筆者(Fobby @RemoveNDiscard)がすべての文責を負います。
  • カード画像はすべて、以下の考えのもと引用したものです。
    • 『アンドロイド:ネットランナー』のプレイには、FAQおよび非公式FAQと呼ばれるサポートが欠かせませんが、いずれのサポートも日本語で行われる様子がありません。このため、英語環境でプレイしている人間による草の根の周知活動が必要です。
    • ですが悪いことに、カードの和名が非購入者に公開されていないという問題があります。これが次のような障壁を生みます。
      • 例:筆者は《Scavenge》のルール説明を行うが、日本語環境プレイヤーには《Scavenge》と言われても何のことかわからない。《Scavenge》の日本語名は公式に公開されていないので、筆者としてもこのカードを何と呼べば日本語環境プレイヤーに通じるのかわからない。
    • こういった齟齬を埋める唯一の解決策は、カードを引用画像で紹介することです。これによって言語に依存せずカードを特定して解説可能です。
    • 日本語環境プレイヤーが「購入したゲームを正しいルールで遊ぶ」というあるべき権利を行使できるようにとの、いわば公益を目的としているため、カード画像の引用は適正と考えます。
  • このエントリ中の引用タグ内の日本語カードテキストはすべて拙訳であり、株式会社アークライトとは一切関係がありません。ただし、書式のみ、その製品を参考にしています。
  • このエントリ中の《》内は、公式カード名です。公式に和名のあるものは《確実なギャンブル/Sure Gamble》と併記します。
    • 和名がわからないものは、拙訳したものをカッコ外に書きます。
      • 例:《Sure Gamble》勝ち確のバクチ