Remove and Discard

『アンドロイド:ネットランナー』fan site

アンドロイド:ネットランナーのカードプールを把握せずに、英語版を含むコーポのデッキとなるべく円滑に対戦するコツ

英語版ありの対戦に臨むにあたり

英語版アンドロイド:ネットランナーで使用されている言葉は「英語」ではなく「ネットランナー語」です。英語と比べ使用される単語も文法もごくごく限定されているため容易に習得できますが、慣れるまではつらいかもしれません。それでも多くの場合、カードのオーナーがその効果を説明してくれるでしょうから、恐れることはありません。

ただしアンドロイド:ネットランナーのルール上、オーナーが自分のカードの効果を説明できない場面もまた存在します。事前にプールのカードを把握できていればともかく、そうでなければ、片方のプレイヤーはひとりで相手のカードを読み解かなければなりません。「ネットランナー語」の習得前にはこの場面で苦労しますが、この記事で紹介する2点さえ守れば、問題なくプレイできるようになります。

ポイントは、「R&D でアクセスしたら公開義務のあるカード」と、「R&Dアクセスしたら公開せずに、ランナーひとりでテキストに書いてあることを解決しなければならない計画書」です。

ランによって R&D の中身は公開されない

秘匿領域である R&D のカードにアクセスしたとき、ルール上、ランナーは何のカードにアクセスしたかをコーポに伝えることがありません。 R&D のカードがトラッシュされアーカイブに表向きで加えられたときに初めて、コーポはR&Dの上から何枚目に何のカードがあったかを知ることができますが、そのカードはもはや R&D にありません。

外国語のカードありの環境に足を踏み入れようとするプレイヤーへの障壁となるのがこのルールです。カードプールを把握できておらず英語(ネットランナー語)にも慣れていないと、 R&D でアクセス中のカードのテキストは読めないし、そしてコーポに効果を尋ねることもできません。にも関わらず、それのトラッシュコストを払ってまでトラッシュするべきかどうかの判断をしなければなりません。これが本当に辛い。これがアンドロイド:ネットランナーの厳しさです。

公開しなければならないカードもある

大原則として、ルールがカードと矛盾した場合、カードを優先します。「ランナーは R&D でアクセスしたカードを公開しない」というルールと矛盾するのは、《罠! / Snare!》に代表される「R&D のこれにアクセスした場合、ランナーはこれを公開する」と書かれているカードです。この公開義務は絶対に守られなければなりません。

こうした公開義務を持つカードは多くの場合、ランナーに不利益を与えるためコーポの仕掛けたトラップです。ですからランナーがそのようなカードを R&D から公開せず、対策カードもなしにスルーしてしまうと、ゲームの成り立ちが揺らいでしまうのです。絶対に公開しましょう。

f:id:fobby:20180619185111p:plain
 ↑ R&D でアクセスしたら、必ず公開しましょう

しかし、公開義務を持つカードすべてが日本語化されることはありませんでした。このためカードプールを把握できていない段階で外国語カードありのイベントに参加すると、 R&D でアクセスしたカードの効果がわからないばかりか、それを公開すべきかどうかもわからないのです。

こうしたカードの多くにはサブタイプとしてAmbush / 待ち伏せと書かれていますが、これはあてになりません。統一してくれれば分かりやすかったのですが…。

f:id:fobby:20180619190859p:plain
 ↑ Ambush / 待ち伏せではないが、 R&D でアクセスしたら公開義務がある

f:id:fobby:20180619190953p:plain
 ↑ 「名誉と利潤」の《四点九 / Shi.Kyū》はAmbush / 待ち伏せだが、 R&D でアクセスしても公開義務はない

Ambush / 待ち伏せ のサブタイプは、そのカードを公開するかどうかの判断基準にならないのです。ですから、公開義務の有無を見極めるにはテキストを読むしかありません。

三語おぼえれば大丈夫(英語の場合)

テキストを読まなければならないといっても、実は簡単。英語であれば、次のフレーズだけ覚えれば大丈夫です!

must reveal it.(それを公開する。)

R&D で知らないカードにアクセスしたら、冒頭の1、2行をばーっと読んで、"must reveal it." と書かれているかどうかだけチェックしてください。 もう少し長く書くと "the Runner must reveal it." あるいは "he or she must reveal it." 。

こう書かれているカードは asset / 資財に留まりません。agenda / 計画書、 upgrade / 強化、ice / アイスに至るまで、アクセスの際に公開義務が設定されている可能性があります。

"must reveal it."と書かれているカードにアクセスしたら、即座にコーポにそれを伝え、書いてあることの処理を丸投げしましょう。やはりカードの効果はオーナーが宣言するのがスジです。そしてそのカードにアクセスしたランナーであるあなたは、いさぎよくネットダメージでもタグでも何でも受けましょう。

例外

最後に、"must reveal it." すら書かれていないのに実質的に公開を強要する例外として、《未来完了 / The Future Perfect》があります。盗む前にコーポにそれを公開して能力を解決する必要がありますが、このカードの場合は義務を無視して盗みそうになっても普通は得点エリアに加える前にコーポが止めてくれますし、そのことが実質的な公開となるので心配はないでしょう。
f:id:fobby:20180619200132p:plain
 ↑ ランナーがアクセスしたとき、両プレイヤーは0か1か2クレジットをせーので払い、その額が同一であれば盗みが成功します

最近増えた、もうひとつの難関

公開義務に関してはこれで大丈夫です。ですが、もうひとつ問題があります。「計画書を盗むための追加コスト」の処理です。

f:id:fobby:20180619194322p:plain
 ↑《ニューアンゼルス警察との契約 / NAPD Contract》は追加コストに関する記述が下にあって厄介(現在はローテ落ち)

盗むための追加コストが必要な計画書に R&D でアクセスしたランナーは、先程までとは打って変わって、そのことをコーポに公開しません。追加コストの支払いは、たとえそれを支払うことができる場合でも拒否できますが、望むなら書かれている追加コストを支払ってその計画書を盗みます。支払いを拒否するのであればアクセスを終了し(拒否したこともコーポに伝えません)、マルチアクセスの途中であるなら次のカードを見せるようにコーポに促します。

相手に処理を丸投げすることができない

"As an additional cost to steal this agenda"と書かれていたら、それは追加コストのある計画書なのですが、このキーフレーズだけ覚えても、先の "must reval it" と違い相手に丸投げすることができません。以降に書かれている追加コストを支払うかどうか、ランナーは相手に伝えることなく判断しなければなりません。

カードの使用者がその効果を宣言せず、それどころか自分のカードが効力を発揮していることを自覚すらできず、被使用者が勝手にテキストを読み取って処理を宣言するという、このゲームならではの場面です。どのような追加コストを支払うかは計画書によって異なるため、R&Dの「盗むための追加コスト」の課せられた計画書を処理するケースにおいては、ランナーは相手の使用言語のカードテキストをひとりで、無理にでも読まなければならないという厳しい場面が出来します。

それを見落とし、追加コストを払わずに盗もうとしたならコーポが止めてくれるでしょうが、それは計画書を公開してしまったことになります。

幸いなことに…

現環境で使用できる「盗むための追加コスト」が必要な計画書は数が少なく、そして全て日本語化されています。このため、日本語版を買い揃えているのなら、相手が外国語のカードを使用していた場合に備え、前もって予習できます。もしコレクションが揃っていないか、記憶があいまいな場合は、今ここで覚えてしまいましょう。

なお、カジュアルな場であればカードを公開し、「この計画書はそのまま盗んで大丈夫ですか?」とコーポに尋ねてしまえばいいとも思います。でも考えてみてください。これはオーナーの領域を超えてカードが行ったり来たりするゲームなので感覚が麻痺しているかもしれませんが、あなたが対戦相手の山札のカードを勝手に取って相手に見せるようなことをすれば、それは多くのカードゲームにおいて非紳士的な行為と認定され、軽くない罰則を受けることになるでしょう。

アンドロイド:ネットランナーのルールが認めているのは、アクセスとしてランナーだけが R&D のカードを見ることです。それを共有することではありません。さらに言えば、カードの効果によらずに秘匿領域を公開することは、ブラフゲーとしてのアンドロイド:ネットランナーの哲学を損なうとルールに記されています。ですからたとえ自分の手札であっても意図的に相手に見せることは禁止です(自分の手札を公開することで相手に投了をせまることが認められているカードゲームもありますが)。

話を戻して、追加コストだけは、自前で処理できるようになっておくと安心です。以下が、 R&D でアクセスした時に、盗むための追加コストを払うかどうかをコーポに内緒で決めなければいけない計画書です。

f:id:fobby:20180619202554p:plain
 ↑《Obokata Protocol》4ネットダメージを受ける。

f:id:fobby:20180619202320p:plain
 ↑《Ikawah Project》f:id:fobby:20180521144012p:plain, 2f:id:fobby:20180521144018p:plainを消費する。

f:id:fobby:20180619202644p:plain
 ↑《Degree Mill》ランナーはインストール状態の自分のカード 2 枚を選んでスタックに加えてシャッフルする。

3種類しかないので余裕ですね。というか英語とか言っても全然むずかしくもないし、大げさに煽る話じゃなかった…。また、これらはコストなので、次のことも頭に入れておいてください。「ランナーがネットダメージを1点でも妨害したのなら、コストが適正に払われなかったとして盗みに失敗する」「盗まないのであれば何も払わない。1f:id:fobby:20180521144018p:plainだけ支払うようなことはない」「インストール状態のランナーのカードが2枚以上ないのであれば、コストが払いきれないので何もできず、盗めない」

例外

f:id:fobby:20180619204314p:plain
キタラ・サイクルの《停止スイッチ / Kill Switch》がプレイ状態であれば、先程の計画書にアクセスしたとき、それを盗む盗まないに関わらず公開義務が生じます。これはエラッタによる処置です。

まとめ

  • R&D のカードにアクセスしたら、テキストが読めなくても、 "must reveal it." の句が最初の一文にないかだけチェックしてださい。もしあれば、そのようなカードにアクセスしたとコーポに伝えて、以降の効果解決の指示に従ってください。
  • 盗むための追加コストのある計画書にアクセスしても、盗む義務はなく、また盗まなかった場合にそのような計画書にアクセスしたと伝える義務もありません。そのためコスト支払い判断はコーポの説明なくランナーひとりで行う必要があり、これによりテキストが読めないかコストの内容を覚えていない場合に適正に処理できない可能性があります。

イントロデューシング NISEI - ファン運営のネットランナー存続専門組織 (Stimhack 記事を勝手に訳)

元記事
Introducing NISEI – A fan organization dedicated to continuing Netrunner - StimHack


記者:Nisei


我々は FFG のネットランナー製造終了のニュースによって悲嘆にくれています。しかし、ネットランナーは死んだゲームだとあなたが考えているのだとしたら、それは大きな間違いです。容易な仕事ではないが、引き受けたい者は大勢います。本日、我々は復興を開始し、ジャクソンの精神であなたの心を満たさせていただきたいと思います。なぜなら

f:id:fobby:20180616174822g:plain
本日、我々はアポカリプスを中止させる!


ネクストランナー・インターナショナル・サポート&エクスパンション・イニシアティブ(NISEI)は 、 FFG によらず生き続けるゲームの確立と盛況を目指すファン運営の組織であり、これはプレイヤーベースのサポートおよびコンテンツの創造、すなわちルールの更新、禁止リストの更新、大会、賞品…これらに留まりません。助力さえいただければすべては議題となりえ、そしてあなたの力も歓迎します。

NISEI の代表代理 Jacob Morris (@jakodrako、Android: Netrunner Comprehensive Unofficial Rules Project設立者)は、多くの目標に向けたさらに包括的な枠組みを構築すべく初代選考委員会を設立しました。 NISEI 初代選考委員会のメンバーは現存するネットランナー・コミュニティのリーダーたちであり、そのメンバーには次の面々も含まれます。

  • Catherine Underwood (@catherine) — 英国 Slcak モデレーター、古株プレイヤー
  • John Treviranus (@joseki) —『Duelyst』の前リードデザイナー
  • Timothy Bunn (@timbunn) — Team Covenant のリテールマネージャー
  • Kenny Deakins (@simonmoon) — プレイテスター、高レベルプレイヤー、アナリスト、 ライター
  • Anthony Giovannetti (@sneakysly) — Stimhack.com 創設者、『Slay the Spire』デザイナー
  • Dan D’Argenio (@mediohxcore) — 二度に渡るネットランナー世界チャンプ (2014, 2015)、 北米チャンプ (2016)

彼ら NISEI 初代選考委員会のメンバーと他数名が、 NISEI の肉付けとなるボランティアの選定に直接的な役割を果たしました。彼らは一時的なリーダーであり、恒久的なリーダーが選ばれ次第その役割から外れます。

このプロジェクトの現段階においては、取り組みを続けるための選考支援、情報のまとめ、そして継続可能な枠組みを構築できるボランティア人材が必要です。次に挙げる役職の新人研修とともに始まります。プレジデント、リード・デザイナー、リード・デベロッパー、ルール・マネージャー、クリエイティブ・ディレクター、コミュニティ・マネージャー、そして組織化プレイ・マネージャー。我々は無償の情熱と時間をプロジェクトに捧げられる人材を求めています。申し込みについての詳細は間もなく!

それまでは、情報の拡散と、対話への参加を。オールウェイズ・ビー・ランニング。


更新:Catherine Underwood (@catherine)が選考委員会に加わりました。

我々は、初代選考委員会のメンバー構成が、可能な限りの多様性に欠けている(今もそうです)ことを認識していました。 Catherine は寛大にもその地域でのボランティアとして我々に協力してくれました。サポートに感謝します。

明確にしておきたいのは、これは女性、有色人種、LGBTQIAA+*1 コミュニティのメンバーを選出し、我々のリーダーシップの一翼を担ってもらおうという我々の取り組みがより活発になっていることを意味します。皆さまの声に目を向けた選考を行います。


更新:明文化として、上記のリストに挙がっている人物はこのプロジェクトの最終的なリーダーではありません。彼らは、リストにある役割に応募した人たちを審査するものです。


NISEI についてもっと知りたい方は、以下の FAQ を御覧ください*2
removeanddiscard.hatenablog.com

*1:レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クエスチョニング(自分の性的指向を模索している人)、インターセックス(中間性)、エイセクシュアル(他人への性的関心が少ないか、ない人)、アライ(性的少数者を支援する性的多数者)、プラス(ここまで言及されてない性的少数者)、の略

*2:勝手に訳した FAQ に飛びます

#future/NISEI FAQ

Q. このことについて、私たちは FFG 社、マイケル・ボッグズ、ウィザーズ社と話すべきですか?

いいえ。このプロジェクトの関係者は、どのような事情であれ FFG 社、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社、タルソリアン・ゲームズ社*1ほか、いかなるステークホルダーとも話すべきでありません。私たちが法的侵害を避けるためのあらゆる注意を払ったとしても、関係者がこのプロジェクトを直接知らせた場合には、それらの企業は私たちの活動停止を命じる法的義務のようなものを負うかもしれません。

Q. なにがどうなっていますか?

2018年6月8日、 Fantasy Flight Game s社はアンドロイド:ネットランナーの終了を発表しました。

衝撃が落ち着いたのち、 Samual Grieve / @grievy はネットランナーの将来の指針を定めるフェイスブック・グループを開始しました。そこから議論が発展し、 @limnrix の始めた Stimhack slack の #future と呼ばれるチャンネルへ移行します。 300 を超えるファンが参加し、そしてネットランナー継続プロジェクトの地盤固めに多くの時間を費やしました。

ファンによって作り上げられるこの団体は、指針のある組織化プレイ*2を世界中で可能にし、新たなアートを生み、新たなカードを開発し、そしてコミュニティの声に応えていきます。

Q. 話にあがる NISEI や The Board その他はどういうものですか?

NISEI: ネットランナーの組織化プレイを継続運営する団体を運営するファンで、新たなカードを作る。
The Board: 7人からなる、NISEIのリーダーであり管理者。誰がやるかはまだ決まっていない。
Acting Staff: The Board が形成されているあいだのボランティアのリーダー。誰が Acting Staff の地位にあるかはこのスプレッドシートから確認可能。
Seclection Committee: The Board 形成のための考案、申請、審査プロセスを行う Actting Staff 。
#future: FFG のサポート終了後もネットランナーの未来を議論できる slack のチャンネル。NISEIへの注文も可能。 #future それ自体は、プロジェクトそのものやプロジェクトの意見ではない。


NISEI や The Board のような名前は、いったん使用した後、 The Board によって変更されるかもしれません。

Q. 誰がここを管理しますか?

Jacob Morris / @jakodrako (ANCUR 設立者、ルール編集者)が現在の会長を務め、議論を監督します。まだ公式なリーダーは決まっていませんが、団体構築の展望についてはこちらから見られます。前述のように、その他の Actting Staff はこちらから見られます。


Jacobはデザイン、開発、組織構成などについて実績のあるコミュニティメンバーからなる Seclection Committee を結成しました。彼らは団体の最終的なかたちを語ることはありませんが、団体をリードできる人たちを見つけるという明確な役割を持ってここにいます。

  • John Treviranus / @joseki (『Duelyst』の4つの大拡張のリードデザイナー)
  • Timothy Bunn / @timbunn (Team Covenant)
  • Kenny Deakins / @simonmoon (プレイテスター、ハイレベル・プレイヤー、アナリスト、ライター)
  • Anthony Giovanetti / @sneakysly (Stimhack.com設立者、『Slay the Spire』リードデザイナー)
  • Dan D’Argenio / @mediohxcore (複数回にわたる世界チャンプ)
  • Catherine Underwood / @catherine (英国のSlackモデレーター、古株プレイヤー)

Seclection Committee は、多様性の拡大と、申請と審査のプロセスにおける最良の可能性の確保のため、さらなるメンバーを求めています。もし、あなたが Seclection Committee のリーダーシップ役選抜の一助となりたいのであれば、 Jacob にコンタクトしてください。ただひとつの重要な資格は、Seclection Committeeのメンバーに求められるのは深刻な利害の不一致への警戒のみであり、リーダーの地位そのものには関心がないということです。

Q. 現状、何が起こっていますか?

リーダーシップ選出委員会はリーダーシップの申請と選考プロセスを秘密の地下プライベートチャットで立案しています。

私たちはアナウンスを公開しました。共有をお願いします!

たくさんの議論が噴出していますが、リーダーが決まるまで先に進めないのです。

Q. すでに決まったことは?

この Google Drive のフォルダにたくさんの文書があります。 #future でピン留めされたものです。これらの文書は案件の進捗を示します。


確定した長期計画は存在しません。いちどリーダーが決まれば、それらは変わるかもしれません。

Q. 次に何が起こりますか?

リーダーシップ選出委員会はどのようにリーダーの地位を与えるか決め、それについてアナウンスします。


さらなる詳細(網羅的ではありませんが)は、To Do リストで参照可能。

Q. このプロジェクトのダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包括)をどう促進しますか?

生まれたばかりのプロジェクトですから、重大な問題への具体策を私たちは持っていません。しかし確固として、次のものを持ちます。


さらに、リーダーシップ選考委員会はさらなる人材募集のため、よりダイバーシティアウトリーチについて知識と経験のある人材を求めています。


たとえ申し込まれたメソッドが勧誘や宣伝によるものでも、形成されるリーダーシップチームのダイバーシティへネガティブな影響を及ぼし得ますから、プロセス全体がプロフェッショナルによって処理されることが私たち全てにとって非常に重要です。

Q. リーダーになるつもりがなくても、参加できますか?

はい!コミュニティの取り組みやそのほかの作業こそ、私たちのなすべきことの大半です!まだまだ参加の余地があり、考えることもできていないことがたくさんあります。

Q. どうやってサインアップしますか?

Role Nominations/Volunteer スプレッドシート からサインアップして、組織化プレイの力となることができます。


リーダーシップ選出委員会は、数日以内にリーダーになる方法をアナウンスします。


将来的に発生しうる特定のタスクに関連するスキルを有するとお考えの場合は、Role Nominations/Volunteer スプレッドシートの“Other Contacts”にご記名ください。

Q.ファンメイドのカードはありえますか?

願わくば。しかし、しばらくはないでしょう。新たなカードの制作にはたくさんの時間と作業量が必要です。

Q. Jinteki.netやNetrunnerDBといったサイトは残りますか? 彼らはNISEIをサポートしますか?

私たちは彼らでなく、そして現存するネットランナーのサイトから何も聞いていませんが、多くのサイトがすでに、残ると述べています。より詳しいことがわかれば、このFAQを更新します。

サイト管理者にNISEIをサポートするかどうか質問しないでください。私たちは彼らに50の質問を一度に答えさせたくありません。私たちは彼らと一緒に活動できることを望んでいますが、多くの場合、将来の関係について決定するのは時期尚早です。NISEIはプロジェクトの進行とともに彼らとの接触を続け、お伝えできるニュースができたときにお伝えします。


NetrunnerDB の Alsciende はフェイスブック上で「みんながネットランナーをプレイし続ける限り、ネットランナーは生き続ける」と述べました。


Always Be Runnning は自身および Know the Meta の将来についてツイートしています。
@alwaysberunnin と @knowthemeta のサーバーは走り続けます!大会の記録を投稿してください。楽しもう、always be runnning!

Q. NISEIとはどういう意味ですか?

ネクストランナー・インターナショナル・サポート・アンド・エクスパンション・イニシアティブ(ネットランナー国際サポートと拡張構想)。

Q. The Black File とは?

ゲームが終了することを妨害するカードです。NISEIの組織化段階で提案された名前ですが、現在は使われていません。

Q. NEU とは?

ネットランナー・エクステンデッド・ユニバース。当初のプロジェクト全体を指して命名されましたが、現在はNISEIに置き換わりました。ええ、『スター・ウォーズジョークです。

Q. 組織化プレイについて、どこでもっと話せますか?

@tamijo の stimslack チャンネル #future-op 。

Q. カードデザイン案について、どこでもっと話せますか?

@tamijo の stimslack チャンネル #future-design 。