Remove and Discard

Android: Netrunner fan site

『アンドロイド:ネットランナー』最後の拡張「Reign and Reverie」裁定の訳-コーポ編

はじめに

  • 最後の拡張のUFAQ(非公式FAQ)の翻訳と、それにまつわる個人的な解説です。コーポのカードから。ランナーについては下記参照。
  • 見出しタグ部分に質問を、本文にそれへの回答を、それぞれ訳します。
  • 引用タグ部分にカードの詳細を訳します。
  • 箇条書きタグで裁定についての解説や与太話を付記します。
  • いかなる組織、団体、企業とも関係はありません。

removeanddiscard.hatenablog.com

情報源

ancur.wikia.com

コーポ

Sportsmetal: Go Big or Go Home (スポーツメタル:やるならとことん)

ID:子会社

計画書が得点されるか盗まれるたび、 2f:id:fobby:20180521144018p:plain を得るか、カードを 2 枚引く。

最小デッキ枚数: 45 / 影響値上限: 15
HB

R&Dへのアクセスのさなかにランナーが計画書を盗んで、コーポが《Sportsmetal》でカードを引いたらどうなりますか?

ランナーはまだアクセスしていないR&Dの一番上のカードからアクセスを続けます。ランナーのアクセス済みカードを《Sportsmetal》が全て引いたなら、新たにR&Dの一番上となったカードが次にアクセスするカードです。《Sportsmetal》が2枚のアクセス済みカードを引いても、まだアクセス済みカードが残っているのなら、ランナーは最後にアクセスした位置からのアクセスを通常どおり続けます。

  • 裁定が変わりました。ちょっと前まではこうでした。

f:id:fobby:20180816162258p:plain
ランナーは、新たにR&Dの一番上になったカードからアクセスを続けます。カードの効果がR&Dの内容を変化させたらいつでも、たとえ新たなR&Dの一番上がさっきアクセスしたものであっても、これは発生します。

  • 「カードの効果がR&Dの内容を変化させたら」では、《インプ/Imp》でR&Dのカードをトラッシュしたり、R&Dから抜き取った計画書を《Film Critic》の上に搭載した場合も該当してしまうので、旧ルールは改定されるとのことでした。
    • けっきょくこのルールそのものがなかったことになったようです。《細菌プログラミング/Bacterial Programming》はどうなるんでしょう?

Hyperloop Extension(ハイパーループ拡張)

計画書:拡張

Hyperloop Extension が得点されたか盗まれた時、コーポは 3f:id:fobby:20180521144018p:plain を得る。

アドバンス要求: 3 / 計画ポイント: 1
HB

24/7 News Cycle》や《Bifrost Array》で《Hyperloop Extension》を解決できますか?

はい。

  • これに限らず「得点されたか盗まれた時」はすべて、「得点時の効果」と見なすようです。
  • 24/7 News Cycle》や《Bifrost Array》は、「この計画書の得点時」の能力を再解決するカードです。

Meridian(メリディアン)

コスト: 3
アイス:バリア

f:id:fobby:20180504113638p:plainランナーが Meridian を -1 計画ポイントの計画書として自分の得点エリアに加えないかぎり、コーポは 4f:id:fobby:20180521144018p:plain を得てランの終了。

強度: 4
HB: 3

ランナーが《Meridian》を-1ポイントの計画書として受け取っても、コーポは4f:id:fobby:20180521144018p:plainを得られますか?

いいえ。

《Sub Boost》を搭載した《Meridian》を-1ポイントの計画書として自分の得点エリアに加えたランナーのランは終了しますか?

いいえ。《Meridian》が一度アンインストールされたら、搭載されているすべてのカードとカウンターはトラッシュされ、エンカウントは終了し、ランナーは《Meridian》の占めていた位置を通過します。

コーポが《Wormhole》で《Meridian》のサブルーチンを解決したら、どうなりますか?

通常どおり解決されます。ランの終了およびコーポが4f:id:fobby:20180521144018p:plain得ることを拒否することで、ランナーは自分の得点エリアに《Meridian》を加えることができます。

《ロキ/Loki》で《Meridian》のサブルーチンをコピーしたらどうなりますか?

《ロキ》は《Meridian》のサブルーチンに書かれているテキストを正確にコピーします。これにより、《Meridian》の自己参照語は破壊されます。ランナーは《Meridian》あるいは《ロキ》を自分の得点エリアに加えられないことから、サブルーチンはランの終了およびコーポが4f:id:fobby:20180521144018p:plain得ることを強制します。

  • サブルーチンは勘で訳したらたまたま合っていたんですが、かなり曖昧です。まず原文にあたりましょう。

f:id:fobby:20180504113638p:plainGain 4f:id:fobby:20180521144018p:plain and end the run unless the Runner adds Meridian to his or her score area as an agenda worth -1 agenda point.

  • 二通りに読めます。
    • これを-1点の計画書としてランナーが受け取らない限り、「コーポは4f:id:fobby:20180521144018p:plain得てランの終了。」
    • コーポは4f:id:fobby:20180521144018p:plain得る。そして、これを-1点の計画書としてランナーが受け取らない限り、ランの終了。
      • 前者が正解とのこと。
  • 《ロキ》の自己参照のルールは難解です。他のアイスからサブルーチンをコピーする能力を持ちますが、コピーしたサブルーチンの中に自己参照語(そのカードの名前)があれば、その部分は解決しないというのです。
    • 例えば《セル・ポータル/Cell Portal》。「f:id:fobby:20180504113638p:plainランナーは攻撃中のサーバーの最外殻のアイスにアプローチする。セル・ポータルをデレゾする。」をコピーした《ロキ》は、「セル・ポータルをデレゾする。」は解決できないというのです。これにより、《ロキ》や《セル・ポータル》をデレゾするデメリットなしで、ランナーを移動させることだけが可能になります。
      • このことから、これまでは「《ロキ》は解決できない文だけを無視する」という解釈だったのですが、今回の裁定で、「コンマやピリオドは関係なく、割と恣意的にコピーする」ということになりました。それでも、unlessの片側を選択できないという裁定はわりと無茶ではないかと驚いています。
  • 《Sub Boost》任務。「Sub Boostをレゾ状態のアイスの上に『ホストのアイスはバリアと、”f:id:fobby:20180504113638p:plainランの終了。”を他の全てのサブルーチンの後に得る。』のテキストつき条件カウンターとして搭載してインストールする。」
  • 《Wormhole》アイス。「f:id:fobby:20180504113638p:plain他のレゾ状態のアイスのサブルーチンを1つ解決する。」

Divert Power(力の転換)

コスト: 2
任務

任意の数のカードをデレゾする。これにより君がデレゾしたカード 1 枚につきレゾコストを 3 下げて、カードを 1 枚レゾしてよい。

HB: 1

《Divert Power》をプレイして、どのカードもレゾもデレゾもしないということはできますか?

はい。《Divert Power》をプレイするにはゲーム状況を変化させる可能性がなければいけません(1つはデレゾ可能なレゾ状態のカードがあるとか、1つはレゾ可能な非レゾ状態のカードがあるとか)が、任務が実際に解決されたとき、《Divert Power》の効果は可変であることから、コーポは何かをしなければいけないということにはなりません。

  • 「任意の数/any number」は常にゼロを含みます。第1の能力を使って、カードを1枚もデレゾしないことが許されます。
  • 第2の能力は「してよい」なので、しないことが許されます。
  • ですから、このカードをプレイしても何もしなくていいのです。ただし、インストール状態のコーポのカードが1枚もない場合はゲーム状況が変化する可能性がないため、《Divert Power》をプレイすることができないとのこと。最後の拡張まで「ゲーム状況が変化する可能性がないことはできない」のルールのよくわからなさに苦しめられます。
  • 実際には、わざわざ任務をプレイして何もしないということはそうないでしょうから、気にしないでいいでしょう。「キャンペーンをデレゾするだけ」や「コストを踏み倒さず、ネクストのアイスをレゾするだけ」などは有効な戦法だと思うので、それはどんどんやっていきましょう。

Fast Break(速攻)

コスト: 4
任務

Xf:id:fobby:20180521144018p:plain を得る。 X 枚までカードを引く。合計 X 枚までのカードを 1 つの遠隔サーバーの中やそれを守る位置にインストールする(全てのインストールコストは払う)。 X はランナーの得点エリアにある計画書の数である。

HB: 3

《Fast Break》のプレイ時、コーポはX枚のカードを引き切るか、好きなところで止めていいか、どちらですか?インストールについては?

コーポはこれから何枚のカードを引くか決めなければならず(0からXまでの任意の数)、その後その枚数だけカードを引きます。引いたカードを見ることはできず、それを手がかりに引くのをいつやめるか決めることもできません。インストールについても同じです。最初にコーポはこれから何枚のカードをインストールするか決め、そして1枚ずつその枚数のカードをインストールします。

  • draw up to X cards. ときたら、引く前にこれから何枚引くか宣言しなきゃいけないんですね。
  • 宣言した枚数だけカードを引いたあと、その引いたカードを見て何枚インストールするか決めるのか、それとも何枚引いて何枚インストールするかを最初に全て宣言するのか、いまいちはっきりしません。
    • あまり関係ないかもしれませんが、4つのモード(箇条書きの選択肢)を持ちそのうち2つを任意の順で解決できる《Deuces Wild》は、最初に解決するモードを決めてそれを解決したあと、結果を見てから次に解決するモードを選ぶ方式です。

Giordano Memorial Field(ジョルダーノ記念球場)

コスト: 3
強化:施設

このサーバーへの成功したランがあるたび、ランナーの得点エリアにある計画書 1 つにつき 2f:id:fobby:20180521144018p:plain をそのランナーが支払わないかぎり、ランの終了。

f:id:fobby:20180504113636p:plain: 3
HB: 2

《Giordano Memorial Field》がランを終了したら、そのランは成功、失敗、どちらと見なされますか?

いったんランが成功を宣言されたあとは、失敗したことにできません。

Twitter裁定:ランナーの得点エリアに何枚の計画書があるかに関わらず、ランナーのクレジットプールに1f:id:fobby:20180521144018p:plainしかないのであれば、その1f:id:fobby:20180521144018p:plainを《Giordano Memorial Field》に支払うことでそのランナーはランの終了を拒否できますか?《ムリンジ/Mlinzi》の裁定によれば「X unless Y(Yしない限りX)」と書かれているなら、完全に解決できなくともYを選択してXを回避できると読めますが。

(無回答)

今の段階で私が言える適切な答えは…うーん、わかりません。こんな感じではないかと推測します。
「"X unless Y"が節に用いられている時、プレイヤーはXの能力解決を回避するために、Yの"unless"効果を完全に解決する必要があります。"unless"節がそのプレイヤーの山札に関わる場合、ゲーム状況の変化が記録されうる限り、"unless"効果のために望む量のYを解決することが可能です。」
最終的にどんなルールになるかはハッキリしません。これは《ロキ》と《ムリンジ》が、《Fairchild》と異なっているという事実にもとづいて、大急ぎでまとめたものです。
「では基本的に『スタック/R&Dのカードとそれ以外では異なる』ということですか?」
はい。修正するのが楽しみです。

  • unlessでクレジットを求められるならきっかり要求額だけ支払う必要があるが、山札のカードに関しては完全解決である必要はない。ただし現時点で明確なルールはない。といった感じのようです。
    • スタックに2枚しかなくても《ディーゼル/Diesel》を使える、R&Dに2枚しかなくても《造物主の目/The Maker's Eye》を使える、に似ているかも?

Saraswati Mnemonics: Endless Exploration(サラスヴァティ・ニーモニック:終わりなき探求)

ID:部署

f:id:fobby:20180521144012p:plain, 1f:id:fobby:20180521144018p:plain:HQ からカード 1 枚を遠隔サーバー内にインストールし、その上にアドバンストークンを 1 つ置く。次の君のターンが開始するまで、そのカードは得点やレゾができない。

最小デッキ枚数: 45 / 影響値上限: 15
ジンテキ

《Saraswati Mnemonics》でカードをインストールしたあと、最速ではいつそのカードをレゾしたり得点したりできますか?

《Saraswati Mnemonics》の制限が解除されるのはコーポのターンのステップ1.4です。コーポが最初にカードのレゾや得点の機会を得るのはアクション実行前のステップ2.1です。

  • たとえば《API-S Keeper Isobel》をこれでインストールしたら、次のターンにそれをレゾできるのは「コーポのターン開始時[1.4]」が終了してからです。第一クリックを消費する前にレゾウィンドウはありますが、もはやコーポはそのターン中に《API-S Keeper Isobel》のアドバンストークンを取り除くことで3f:id:fobby:20180521144018p:plain得ることはできないわけですね。
  • API-S Keeper Isobel》資財。「君のターン開始時、任意のインストール状態のカードの上からアドバンストークンを1つ取り除くことで3f:id:fobby:20180521144018p:plainを得てよい。」

Otoroshi(おとろし)

コスト: 2
アイス:セントリー

f:id:fobby:20180504113638p:plainサーバー内にインストールされているカード 1 枚の上に、アドバンストークンを 3 つまで置いてよい。そうした場合、ランナーが 3f:id:fobby:20180521144018p:plain を支払わないかぎり、そのランナーはそのカードにアクセスする。

強度: 5
ジンテキ: 2

カードにアドバンストークンを0個置いても、ランナーに3f:id:fobby:20180521144018p:plainを支払わない限りそれにアクセスさせるということはできますか?

はい。

  • 「X個まで/up to X」は常に0を選べますが、0を選び実際は何もしなかったとしても「そうした場合/if you do」を満たせるんですね。
    • 最後の拡張でも発見というか、そういうルールだったのという驚きがある…。

Thimblerig(ティンブリーグ…どのカップにボールが入っているかを当てるゲーム)

コスト: 2
アイス:コードゲート

君のターン開始時か、ランナーが Thimblerig を通過するたび、 Thimblerig を他のインストール状態のアイスと入れ替えてよい。
f:id:fobby:20180504113638p:plainランの終了。

強度: 0
ジンテキ: 1

ランナーが《Thimblerig》を通過後、《インバーシフィケイター/Inversificator》を使って他のアイスと交換しても、コーポはその《Thimblerig》を他のアイスと交換できますか?

いいえ。《Thimblerig》が他のアイスと交換され新たな位置に行ったら、ランナーはもうそれを通過していないので、《Thimblerig》の解決時にその発動条件が満たされることがありません。

ランナーがあるアイスを通過後、《インバーシフィケイター》を使い《Thimblerig》を持ってきてそのアイスと交換したら、コーポは《Thimblerig》を他のアイスと交換できますか?

いいえ。通過が発生した時、《Thimblerig》はランナーが通過した位置にあるアイスではありません。

ランナーが《Thimblerig》を通過したら、コーポはそれを《カクゴ/Kakugo》と交換しました。ランナーは1ネットダメージを受けますか?

いいえ。《カクゴ》は発動条件が満たされたときに通過された位置にあるアイスではありません。

ランナーが《コード複製システム/Code Replicator》を守っている《Thimblerig》を通過して、コーポが先に《コード複製システム》を使用したらどうなりますか?また、《Thimblerig》を先に使ったらどうなりますか?

それぞれの能力を使うことは、お互いの能力を発動条件を無効化するため、2つめの能力は解決に失敗します。コーポが《コード複製システム》を使ってランナーに《Thimblerig》へアプローチさせれば、ランナーは《Thimblerig》を通過していません。コーポが《Thimblerig》を使って他のアイスと交換すれば、《Thimblerig》は通過されたアイスではなくなります。

  • 通過時にアイスの交換が発生したら、ランナーはそのアイスは通過しなかったことになり、また交換されてきたアイスを通過したことにもならないって感じでしょうか。
  • 「kakugo inversificator」で検索すると、《カクゴ》を《インバーシフィケイター》で動かしてもランナーはネットダメージを受けるみたいなRedditのスレッドが出てきますが、現在の裁定では覆ったということになります。
    • 《カクゴ》も《Thimblerig》も「When the Runner passes This ice」で発動なので、《Thimblerig》が発動できなくなるなら《カクゴ》も発動できません。

Hangeki(はんげき)

コスト: 0
任務:報復 - 触法

ランナーが直前のターンにコーポのカードをトラッシュしていた場合にのみプレイする。

インストール状態のコーポのカードを 1 つ選ぶ。ランナーはそのカードにアクセスしてよい。そのランナーがそうした場合、 Hangeki をトラッシュする代わりにゲームから取り除く。そうでない場合、 Hangeki を -1 計画ポイントの計画書としてランナーの得点エリアに加える。

ジンテキ: 2

インストール状態のアイスを《Hangeki》で選べますか?

はい。

では、コーポが《アークエンジェル/Archangel》を《Hangeki》で選んで-1点の計画書として受け取らないと、それにエンカウントしますか?

そのとおりです。

インストール状態のアイスにアクセスしたら、《インプ/Imp》でトラッシュしたり《アイネアスの密告者/Aeneas Informant》で公開したりできますか?

はい。インストール状態のアイスへのアクセスは、一般的なインストール状態のカードへのアクセスへと同様に扱われます。

  • 非レゾ状態の普通のアイスを、まるで《アークエンジェル》のようなアクセス時にエンカウントの発生するアイスであるかのように偽り、「アクセスさせるぞ!」と脅しても、それに屈さなかったランナーが《Hangeki》を-1点の計画書として受け取らないなら、そのアイスにアクセスされて表側を見られちゃうんですね。アクセスフェイズは発生するので《アウマクア/Aumakua》にカウンターも載ってしまう。

Daruma (だるま)

コスト: 1
強化

ランナーがこのサーバーにアプローチした時、 Daruma をトラッシュしてよい。そうした場合、このサーバー内にインストールされているカード 1 枚を、任意のサーバー内にインストールされている他のカード 1 枚か、もしくは HQ にある計画書か資財か強化のうちの 1 枚と入れ替えてよい。

f:id:fobby:20180504113636p:plain: 2
ジンテキ: 3

中央サーバーのルートにインストールされている《Daruma》をコーポは使用できますか?

いいえ。《Daruma》がトラッシュされたら、同一のサーバー内のカードを交換として送り出します。中央サーバーの中にインストールされているカードはなく、コーポの手札/山札/捨て札にあるのは非アクティブカードのみで、カードはルートの中にインストールされます。

遠隔サーバーの中の《Daruma》を中央サーバーのルートにあるカードと交換するのはどうですか?

いいえ。前述と同じ理由です。《Daruma》のあったサーバーに交換として持ち込まれるカードもまたサーバーの「中にインストールされている」必要があります。

コーポが《Daruma》で交換してHQ内に持ち込まれたカードが、トークンや他のカードを搭載していたなら、搭載されていたそれらの物件はどうなりますか?

ホストはアンインストールされたものとなり、それらすべてはただちに、妨害できないトラッシュを受けます。

コーポが《Daruma》で他のインストール状態のカードと交換したカードが、トークンや他のカードを搭載していたなら、搭載されていたそれらの物件はどうなりますか?

ホストはアンインストールされなかったものとして搭載関係を維持されたまま、通常どおり場の新しい位置に移動します。

《Daruma》のサーバー内にすでに資財や計画書がある場合に、強化を送り出して、HQや他のサーバーの資財や計画書と交換できますか?2つ目の領域を持ち込むのはどうですか?

いいえ。適用可能なすべてのカード能力やルールに従う必要があります。

  • ここまで反復されるとさすがに中央サーバーのルートは中央サーバーではないということがわかってきます。
  • 発動が簡単なだけにあまり非常識なことはできないよう注意が払われています。《Off the Grid》をHQのルートに持ち込むみたいなことはできません。

Acme Consulting: The Truth You Need(アクメ・コンサルティング:あなたに必要な真実)

ID:支社

サーバーを守っている最外殻のアイスにエンカウント中のランナーは追加のタグを 1 つ所有しているものと見なされる(0 タグ所有の場合でも)。

最小デッキ枚数: 45 / 影響値上限: 15
NBN

追加のタグは取り除けますか?

いいえ。ランナーは最外殻のアイスにエンカウント中に追加のタグを、たとえ0タグ所有時でも1つ所有しているものと見なされますが、このタグは取り除くような、扱うためものとしては存在していません。

  • 所有していると見なされる追加の悪名は取り除けないという裁定は《Corporate Scandal》(追加の悪名を付与する現状/current)にあり、悪名とタグは違いますが、それと同じ理屈で説明されています。

Peeping Tom(ピーピング・トム)

コスト: 4
アイス:コードゲート

ランナーが Peeping Tom にエンカウントした時、カードタイプを指定し、グリップのカードを全て公開する。指定されたタイプを持つ公開されたカード 1 枚につき Peeping Tom は「f:id:fobby:20180504113638p:plainランナーがタグを 1 つ受けない限り、ランの終了。」を 1 つ得る。

強度: 4
NBN: 3

《Peeping Tom》の能力のサブルーチンはいつまで得ていられますか?

デザイナーズノート:厳密にいえば《Peeping Tom》というアイスはゲーム終了までサブルーチンを得ていますが、このカードは「指定されたタイプを持つ公開されたカード1枚につき、このランの残りの間/... has the named type for the remainder of this run.」と読まなければならないものとして扱います。このカードは次回の公式FAQでエラッタされます。

  • 《SYNC BRE》みたいなミス。
  • FAQの更新、まだあるんですね。

Eavesdrop(盗聴)

コスト: 1
任務:触法 - 条件

Eavesdrop を「ランナーがホストのアイスにエンカウントするたび、トレース3 - 成功した場合、ランナーにタグを 1 つ与える。」のテキストを持ちアイスの上に搭載されている条件カウンターとしてインストールする。

NBN 2

《Hunting Grounds》でトレースを妨害できますか?

いいえ。《Hunting Grounds》はアイスの「エンカウント時」の能力を妨害するもので、《Eavesdrop》のトレースはアイスの上の条件カウンターからくるものです。

  • アークエンジェル》にこれを何枚も搭載してから《Hangeki》でアクセスとエンカウントを強要するのはちょっとおもしろいのでは。

The Outfit: Family Owned and Operated(ジ・アウトフィット:家族経営)

ID:子会社

1 つ以上の悪名を受けるたび、 3f:id:fobby:20180521144018p:plain を得る。

最小デッキ枚数: 45 / 影響値上限: 15
ウェイランド

バレンシアエステヴェス/Valencia Estevez》を相手にしたコーポは8f:id:fobby:20180521144018p:plainと悪名1つでゲームを開始しますか?

いいえ。《バレンシアエステヴェス》の悪名をコーポが「受ける/take」ことはなく、コーポは単に悪名1つとともにゲームを開始するだけです。

Twitter裁定:《従業員のストライキ/Employee Strike》がプレイされているさなかに《敵対的買収/Hostile Takeover》を得点しました。コーポは追加で3f:id:fobby:20180521144018p:plainを得られますか?

はい!

Fomicary(フォーミキャリー…アリ塚)

コスト: 2
アイス:セントリー - 対人

ランナーがいずれかのサーバーにアプローチした時、 Fomicary をレゾしてよい。そうした場合、それをそのサーバーの最内殻の位置に移動する。ランナーはそれにエンカウントしている状態になる。
f:id:fobby:20180504113638p:plainランナーが 2 ネットダメージを受けない限り、ランの終了。

強度: 2
ウェイランド: 2

一度のランごとに複数の《Fomicary》をレゾして動かせますか?

はい。《Fomicary》との強制エンカウントは残りの《Fomicary》の発動を打ち消しますが、それに伴ってランナーの《Fomicary》通過とサーバーへの二度目のアプローチが発生します。2つ目の《Fomicary》を使用できた時点で、同様に3つ目の《Fomicary》を使用できます。

《ムティ・ムウェクンドゥ/Mti Mwekundu》とはどのように作用しますか?

前述と同様、《ムティ・ムウェクンドゥ》か《Fomicary》のいずれかの解決で、ランナーはサーバーにアプローチしていない状態になるため、残った能力を解決できなくなります。しかし、これでエンカウントしたアイスを通過したら、ランナーはふたたびサーバーにアプローチし、残った能力も発動条件が満たされます。

  • カプリース・ニセイ》がローテ落ちしていなかったら大変なことになっていましたね。
  • まあウェイランドには《K. P. Lynn》がいますし、《Divert Power》で《Fomicary》をぜんぶデレゾするのも面白い?
  • 《K. P. Lynn》強化。「このサーバーのアイスをランナーが全て通過するたび、そのランナーはタグを1つ受けるかランの終了かをしなければならない。」

Building Blocks(構成単位)

コスト: 5
任務

HQ のバリアを 1 つ公開する。全てのコストを無視して「それをインストールしてレゾ」する。

ウェイランド: 4

《Building Blocks》でそのターン最初のコーポのインストールが発生したら、《419》は発動しますか?

はい、ですがバリアのインストールとレゾは同時に行われます。これは、開示されるものとして不適格なアイスということを意味します。そのバリアは開示できないので、コーポは1f:id:fobby:20180521144018p:plainの支払いを拒否でき、《419》の能力は何もしません。

  • ってことは《修復/restore》でインストールしたカードも開示できないんですね。
  • コーポが《419》へのクレジット支払いを拒否できるということは、(《Tapwrm》や《Beth Kilrain-Chang》対策のために)支払ってもいいということを意味します。そういう状況でランナーが《419》を発動させるかどうかはともかく。
    • たとえば、《都市労働計画/City Works Project》のような公共/publicの計画書は開示されることがありませんが、にも関わらず、コーポがそれをインストールしたときにランナーが《419》を発動させることもできますし、コーポがクレジットを支払うこともできます。

◆Lady Liberty(レディ・リバティ)

コスト:5
資財:領域 - 豪勢

君のターン開始時、 Lady Liberty にパワーカウンターを 1 つ置く。
f:id:fobby:20180521144012p:plainf:id:fobby:20180521144012p:plainf:id:fobby:20180521144012p:plain:搭載されているパワーカウンターの数とちょうど等しい計画ポイントを持つHQの計画書1つを、君の得点エリアに加える。
各サーバー領域は1つまで。
デッキに1枚制限。

f:id:fobby:20180504113636p:plain: 4
中立: 0

どう機能しますか?計画書の計画ポイントを変更できますか?

"worth agenda points equal to the exact number of hosted power counters(搭載されているパワーカウンターの数にちょうど等しい計画ポイントを持つ)"というフレーズは、"an agenda.(計画書1つ)"のみを指します。《◆Lady Liberty》はそれに搭載されているパワーカウンターの数に等しいだけの計画ポイントをHQ内ですでに持っている計画書に対してのみ使用できます。この能力は「as(として)」を使用する変換効果ではないので、計画書の計画ポイントを変更することはできません。

  • 原文は"Add an agenda from HQ to your score area worth agenda points equal to the exact number of hosted power counters."
  • コーポのカードとしては珍しい「コーポの得点エリアに計画書を『加える』」カード。

終わりに

unless節の処理が「わからない」まま最後の拡張のUFAQが終わるのはびっくり。unless節から選んだダメージやトラッシュを妨害していいのかどうかもはっきりしないですね。ナンバリングFairchildと無印Fairchildで書き方が違うので、最後のFairchildたる無印が採用しているunlessは妨害しちゃいけないようにも見えますが、わかんないですね。


《◆Lady Liberty》は資財の領域という唯一のカードで、これが問題を引き起こします。

《Panchatantra》というプログラムがあります。「1ターンに1度、アイスにエンカウントした時、セントリーでもコードゲートでもバリアでもないサブタイプを1つ選んでそのアイスに得させてよい。」というものです。サブタイプは自由に考えることができます。では、1つのサーバーを守っているアイスや中のカードに領域を合計2つ以上得させたらどうなるのか?という問題が生じました。

その時は、基本セットのルールブックには「領域のサブタイプを持つ強化は1つのサーバーに1つまでしかインストールできない」としか書かれていないので、要するに領域のアイスがいくつあっても無意味という解釈だったんです。しかし、《◆Lady Liberty》は資財の領域なので、もしまだ強化の領域しか意味がないというルールが生きているなら、資財の領域と強化の領域が1つのサーバーに同居していても問題ないはずです。

いったいどうやって整合性をもたせるんだろうと思っていたんですが、スルーされましたね…。


これでFFGのカードの裁定についてはおしまいですが、まだまだ裁定は変わります。NISEIも裁定を変えますし、NISEI産のカードの裁定もあります。